フリード ホンダ

フリードのバッテリーはどれくらいもつの!?バッテリーの交換時期も紹介!

皆さんは、車のバッテリーについての理解はありますか?突然のバッテリー切れにあたふたした経験がある方は多いと思います。バッテリーが切れては車が動かなくなってしまうので、バッテリーについての知識がなければ、突然のバッテリー切れに対応することができません。遠出をしているときや、あまり来ることのない場所で止まってしまったら振亜案ですよね。

そこで今回は、フリードのバッテリーがどれくらい持つのか、また、交換時期はいつごろにすればよいのかについて説明していきます。フリードは、ファミリーカーということもあり、大人数で乗って移動することが多いと思います。そんな時にバッテリーが切れてしまうと大変なので、フリードの適切な交換時期も理解しておきましょう。

それでは、解説していきます。

フリードはどんな車?

ホンダが誇るコンパクトミニバン

フリードは、ホンダの車の中でも圧倒的な人気を誇るコンパクトミニバンです。日本車の中でも人気な車で、ミニバンとしての、国内販売台数も常に上位に入っています。3列シートがあり、大人数でドライブに良く出る方におすすめされている車で、スライドドア、収納スペースの広さから、大きな荷物の積み下ろしや、足の悪い方や小さなお子さんも乗り降りしやすい車となっております。

モデルチェンジをしてからは、乗り心地も良くなっており、騒音感もなく、快適な運転ができるようになっており、安定感のある車となっております。

Honda SENSINGにより安全面が優れているファミリーカー

フリードには、Honda SENSINGと呼ばれる、ホンダ独自の安全装備が搭載されています。内容としては、最先端の技術であるものが多く、他のメーカーではあまりないような運転のアシストをしてくれるものであったり、事故被害の軽減を行ってくれるものがあります。

対向車線と正面衝突しそうになった際に警告がなったり、車線からでてしまいそうになった際に、ステアリングを振動させたりと、かなり高いレベルでの安全装置が搭載されています。ですので、運転が苦手な方、運転を普段しないのに、急遽運転する予定ができて不安、などという方にも運転が安心してできる車となっています。

フリードのバッテリーはどのくらい持つ?

フリードのバッテリーの寿命は約7年

フリードのバッテリーの寿命は、約2~5年といわれています。フリードは、バッテリー関係が他の車に比べて小さく、軽自動車サイズのバッテリーが基本的についております。寿命の走行距離は基本的には6万kmといわれていますので、6万km頃には寿命を意識して、交換、点検の準備をしましょう。

また、なぜバッテリーの寿命がここまで2~5年と変動するかというと、フリードの乗り方や、運転の仕方でバッテリーの消耗が変動するからです。意外と、運転をあまりしなく、近場への運転を繰り返したりするほうが、極端にばっテリーの消耗が激しく、寿命が縮みます。

ですので、こういった運転の仕方が多い方には、寿命が短めになりますので、注意をしておきましょう。

他の車と比べてバッテリーの持ちは良いほうなのか?

続いては、他の車と比べて、フリードのバッテリーの寿命は長いのか短いのかについてです。結論から言いますと、少し短めにはなっていますが、乗り方が重要だということです。

ます、寿命が他の車と車に比べて短い理由から説明します。

バッテリーが小さい

まず、寿命が他より短い傾向にある理由は、バッテリーの小ささです。フリードについているバッテリーは、軽自動車が使っていたりもするバッテリーサイズであり、容量が少なめです。また、これでも本来であれば、そこそこ持つのですが、フリードは、スライドドアという部分や、オプションでの複数の赤痢ティシステムの取り付けがあると、バッテリーの消耗がすごく、寿命が短くなる恐れがあります。

このことから、フリードの寿命の短い原因の一つに、バッテリーの小ささが挙げられます。

フリードの乗り方がバッテリーの寿命を縮めている

そして、もう一点のフリードのバッテリーの寿命を縮めている原因として考えられることが、運転の仕方となります。先ほども少し解説しました通り、バッテリーの消耗は、長距離運転していることより、少しの距離の行き来の方が、バッテリーを消耗させます。少しの距離の買い物で、車を運転し、また帰ってくるや、夜間の運転が多く、ヘッドライトを長時間つけているなどがその原因です。

このような運転をしていると、他の運転をしている方より、当然バッテリーの消耗が激しく、すぐに寿命が来てしまいます。仕方のない場合が多いですが、できるだけ運転しなくても行ける距離は歩いてみたり、自転車を使うことで寿命を引き延ばすことは可能です。

フリードのバッテリーの交換時期は?

続いては、バッテリーの交換時期について解説をしていきます。

バッテリーの寿命が来たら

まずは、バッテリーの寿命が来たら交換時期だと言えるでしょう。先ほど解説したような、走行距離が目安を超えた場合や、年月が経った場合は交換したほうが無難ですね。一番シンプルな交換時期と言えるでしょう。

2~5年の間でも性能低下が見られたら交換したほうが良い

もう一つの交換時期としては、乗っている方が性能低下を感じた時になります。先ほども解説した通り、フリードのバッテリーは小さく、かつ消耗が激しい運転をすると、他の車より寿命が短くなるのは当然です。

それでは、どのようなところから、交換時期の目安を見るかについて説明します。

まず、一つ目の交換時期の目安となる性能低下は、エンジンのかかりが悪くなった時です。セルを回した時に弱弱しい音がしだしたら交換時期です。

二つ目に挙げられるのは、ヘッドライトが暗くなってきた時です。最近の車は少し判断が難しい時もありますが、夜間運転をしている際などに、ライトの光が弱くなっているなどと思ったときは交換時期になります。

そして、最後が、アイドリングストップをしなくなった時です。この場合は、バッテリーの性能低下により、短時間での充電が困難になっていることからアイドリングストップができなくなっているのです。

ですので、アイドリングストップがあまりしなくなったら交換時期だと思いましょう。

フリードのバッテリーを長持ちさせる方法はある?

それでは、そんなフリードのバッテリーを長持ちさせる方法はあるのでしょうか?そこについて解説していきます。

バッテリーを容量の大きいものに変えておく

まず、一つ目の方法としては、バッテリーの容量を変える方法です。先ほど少し話しましたが、フリードは、標準装備のバッテリーがそもそも少なめです。なので、一度目のバッテリー交換、もしくは乗り始める最初にバッテリーを大きいものにしておくことで、交換時期を延ばすことができます。

バッテリーの無駄遣いを極力しない

続いての方法は、バッテリーの無駄遣いを極力しないことです。例えばどんなところで無駄遣いをしているでしょうか。良くあることでいえば、一日に何度もエンジンの入り切りをしていること、消費電力が多い装飾品などの装備などがあります。

他には、多少仕方のない部分もありますが、夜間や雨天の時だけ車をつかっていたり、渋滞に巻き込まれることが多い運転であれば、必然とバッテリーの消耗が激しくなりますので、注意して乗ることができれば、寿命は延びるでしょう。

バッテリーのメンテナンスを怠らない

そして、メンテナンスをすることでバッテリーの寿命を増やす方法も存在します。まず、バッテリーの点検を定期的に行いましょう。バッテリーに入っている硫酸は、少しずつ減っていくのです。なので、定期的な点検をし、減っているかの確認を取ります。そして、硫酸が減っていたらバッテリー液をつけ足して、バッテリーの寿命を延ばしましょう。

この液体がない状態で運転を続けると、最悪の場合、バッテリーが消耗するだけでなく、火災にまで発展するので注意が必要です。

フリードのバッテリーについてのまとめ

フリードのバッテリーについてまとめていきます。フリードのバッテリーの寿命は、他の一般車に比べて少し短いということが分かりました。電気関係の装備が多いということと、バッテリーの小ささが寿命が他の車両に比べて短い理由でしょう。

また、買い替え時については、いくつかパターンがあるので、自分に合った買い替え時を選び、一番最善の買い替え時を選べるようにしたいですね。また、日々のメンテナンスをきちんとしていれば、寿命ものばせますので、バッテリー交換も決して安い経費ではないので、メンテナンスを怠らず、少しでも長く、バッテリーをもたすようにしたいです。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

▼無料で一括査定依頼&買取相場をチェック!▼
【公式ホームページ】車査定比較.com

-フリード, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.