デイズ 日産

デイズの人気モデルは!?デイズのモデルチェンジを紹介!

日産から発売されているデイズ。「デイズの人気モデルを知りたい」「モデルごとの違いは何?」と思っている人も多いでしょう。

デイズは歴史が浅い車で、現在2代目となっています。初代と2代目の特徴、初代から2代目の変化点など解説します。

この記事を読めば、それぞれの違いが明確になりますよ。

デイズのモデルを紹介

デイズのモデルを紹介します。とは言っても、デイズには初代と2代目の2つのモデルしかありません。

わかりやすくて、選びやすいという意味では、モデルが少ないので整理しやすいでしょう。それぞれの特徴を見ていきましょう。

初代(2013年〜2019年)

デイズの初代サイズは以下のとおりです。

全長 3,395mm
全高 1,620mm
全幅 1,475mm

2013年に発売された初代モデルは、今でも街中でよく見かける人気車種です。デイズは日産が非常に力を入れている軽自動車で、初めて企画・開発・デザインから携わったことで知られています。

製造は三菱自動車で、カタログ上も三菱製となっています。2015年のマイナーチェンジでは、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を軽自動車で初めて搭載。メーカーオプションだった「エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い防止」を全グレードに標準装備しました。

2016年4月、三菱自動車の燃費改ざん問題で、販売中止になり、各グレードの燃費を修正。同年7月に販売を再開しました。

そのほかにも、一部改良を重ねつつ進化を遂げてきました。ただ、2019年3月にフルモデルチェンジした2代目が登場し、販売も終了しました。

2代目(2019年〜)

2019年にフルモデルチェンジを果たした、2代目デイズのサイズは以下のとおりです。

全長 3,395mm
全高 1,640〜1,660mm
全幅 1,475mm

2代目デイズは、軽自動車ではじめて先進運転支援技術「プロパイロット」や、急病時や事故の際、専用オペレーターにつながる「SOSコール」を搭載。

さらに安心して乗れる軽自動車に進化しました。一般社団法人 全国軽自動車協会連合会によると、2020年上期の軽自動車ランキングで、デイズは4位にランクインする人気ぶりです。

フルモデルチェンジを経て、パワーアップしたと言えるでしょう。

初代から2代目はどう変わった?

初代から2代目でどのように変わったのか、気になるところではないでしょうか?

フルモデルチェンジでかなり大きな変化を遂げています。

居住性が大幅に改善

2代目デイズは初代に比べて、居住性が改善されています。

フルモデルチェンジでは、エンジンルームを縮小し、その分ホイールベースを拡大しました。これにより、後席と荷室が広くなり使い勝手が向上したと言えます。

新設計のパワートレインで燃費が向上

新型デイズには、新開発のエンジンが搭載。ハイウェイスターには、「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれる、新開発のCVTに加えてリチウムイオンバッテリーも搭載されました。

スマートシンプルハイブリッドは、減速時にECOモードの発電量を増大させることにより、バッテリーを充電します。充電したバッテリーをアイドリングストップやエンジンアシストに使用することで、燃費が向上します。

プロパイロット搭載

新型デイズのハイウェイスターには、軽自動車初のプロパイロットが装備されています。高速道路でのハンドル・ブレーキ・アクセルの操作をアシストしてくれる、心強い機能です。

高速道路は単調な道が続くことや、渋滞時はアクセルとブレーキを交互に操作しなければならないなど、運転手の負担が大きくなりがちです。プロパイロットがあれば、運転をサポートしてくれるため、負担が減るでしょう。

もちろん、完全な自動運転ではないため、走行中はいつでも操作できるように前方に注意しておく必要があります。

初代と2代目どっちがおすすめ?

初代と2代目、どっちのデイズを買おうとか迷っている人もいるかもしれません。

おすすめポイントを紹介します。

初代でも古臭さは感じない

初代デイズが発売されたのは2013年。7年しか経っていないこともあり、外装・内装ともに古臭い感じはなく、近代的な車となっています。

さらに、初代デイズは人気があるため、中古車台数が多く出回っていることが挙げられます。そして、型落ちのため価格が高くないこともポイントです。安全面やプロパイロットなどの装備が欲しいのであれば、初代はおすすめできません。しかし、できるだけ安く買いたい人や、モデルにはこだわらない人には、初代デイズは十分おすすめできる車です。

最新にこだわるなら2代目

新型デイズは、初代から大幅にパワーアップしています。

  • スマートシンプルハイブリッド
  • プロパイロット
  • 新設計パワートレイン
  • 居住性アップ

これらが新しく装備され、軽自動車とは思えないほどの豪華さです。特にプロパイロットは、高速道路をよく走行する人であれば、かなり重宝する機能ではないでしょうか?

最新がいい人や、プロパイロット機能が欲しい人は新型デイズの購入がおすすめです。初代デイズと比べると、もちろん価格は高くなりますが、新車の方が愛着が湧く、などであれば自分が欲しいモノを買うべきです。

まとめ

デイズのモデルについて紹介しました。デイズは、2013年に発売を開始したため、初代でもまだまだ新しさが残ります。中古車数が多く、価格を抑えたい人には初代デイズがおすすめです。

安全面や軽自動車初の機能など、さらにパワーアップした新型デイズ。室内空間も広くなり、使い勝手が向上しました。最新の車が欲しい人は、新型デイズがおすすめです。

初代と新型、どちらを購入するか迷う人もいるかもしれません。後悔のないよう、しっかりと吟味してくださいね。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-デイズ, 日産

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.