C-HR トヨタ

C-HRでの車中泊を徹底解説!寝心地や快適さはどの程度?

”コンパクトクロスオーバーSUV”というカテゴリからトヨタが世に送り出している『C-HR(シーエイチアール)』。
”コンパクト”と名が付くカテゴリであるが故に「果たして車中泊が出来るのだろうか?」という印象を受ける方もいらっしゃることでしょう。

今回はそんな疑問にお応えすべく、C-HRの車中泊を徹底解説します。

C-HRの車中泊は条件を限定すれば可能!

C-HRでの車中泊は条件が限定されます。

その条件とは、後席の背もたれを前に倒して荷室と一体の空間を作り出し、車体の前後方向に対して身体を斜めにずらして1名のみで寝るというものです。
何故ここまで条件が限定されるのかというと、C-HRの室内空間が、一般的にノビノビと車中泊ができる車種と比較して狭いからということが理由になります。

それでは、具体的にどのような根拠に基づいてそのような結論付けをしたのか、これから詳しくご案内していきましょう。

【C-HRのプロフィールを解説!競合車種との差は?】

C-HRの車中泊事情を検証する前に、まずはC-HRのプロフィールを確認してみましょう。

各寸法をチェック!競合車種との差はいかに?

室内寸法を知ることにより、車中泊におけるC-HR広さに関する快適さをチェックします。
また、C-HRだけではなく、競合車種である『マツダ CX-3(シーエックス・スリー)』および『ホンダ ヴェゼル』も同時に見てみましょう。

室内寸法比較

凡例・・・車種名:室内長×室内幅×室内高[mm]

  • C-HR   :1,800×1,455×1,210[mm]
  • CX-3    :1,810×1,435×1,210[mm]
  • ヴェゼル:1,930×1,485×1,265[mm]

C-HRの室内寸法はCX-3と比較すると同等であるものの、ヴェゼルと比較すると、特に室内長に関しては13cmもの差がついています。
この差は車中泊をする上でかなり重要なポイントであると言えるでしょう。

また、室内長の違いがボディサイズに現れている可能性も十分考えられます。
念のため両車種のボディサイズ(車体寸法)も比較してみましょう。

ボディサイズ比較

凡例・・・車種名:全長×全幅×全高[mm]

  • C-HR   :4,385~4,390×1,795×1,550~1,565 [mm]
  • CX-3    :4,275×1,765×1,550 [mm]
  • ヴェゼル:4,330~4,340×1,770~1,790×1,605 [mm]

いかがでしょうか?

なんと、C-HRの室内長の方がヴェゼルよりも13cm短いにもかかわらず、ボディサイズではC-HRの全長の方がヴェゼルよりも4.5~6cm長いのです!
「もはや訳がわからない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それもそのはず。ボディサイズが大きければ大きいほど、室内空間も広いというのが一般的な考え方です。
ところが、C-HRとヴェゼルの間ではそうした大小関係の考え方が崩壊してしまっています。

大小関係の崩壊?!原因はデザインにあり!

では、何故このような現象が起きてしまっているのでしょうか?

その答えは、両車種のボディ造形の違いにあります。
両車種とも流線形が特徴の、いわゆる”クーペ”ルックのボディ造形を持つSUVです。

ただ、ヴェゼルと比較してC-HRのほうがよりクーペらしい流線形が強調されたデザインとなっています。
つまり、C-HRはよりデザイン性を追求したボディ造形となっているのです。

道行く人々の目を奪う、魅力的なデザイン。それがC-HRです。

ところが、そんな魅力的なデザインには弊害があります。
クーペ特有の流線的なデザインの影響で、ボディ全長に対して室内長が短くなりがちです。
つまり、ボディサイズに対して必然的に室内空間が狭くなってしまいます。

これがC-HRとヴェゼルの差です。
また、CX-3に関しては室内寸法がC-HRとほぼ同等、ボディサイズがC-HRよりもやや小さいことが特徴であり、特に全長はC-HRと比較して10cm以上短くなっています。

これらの考察結果から、C-HRの室内寸法を基準にすると、一般的なコンパクトクロスオーバーSUVのボディサイズはCX-3並みの大きさとなるのです。
その一方で、C-HRのボディサイズを基準にすると、一般的なコンパクトクロスオーバーSUVの室内寸法はヴェゼル並みになります。

しかしながら、現実としてC-HRがそのような規格となっていないのは、前述の通りC-HRがデザイン重視のクーペルックを強調したスタイルになっているからです。
これこそがC-HRのアイデンティティであり、人々を惹きつける大きなポイントの一つとなっています。

C-HRで車中泊は出来るのか?

C-HRの室内外の寸法および競合車種との比較についておわかりいただけましたでしょうか?
競合車種には無いデザイン設計の方向性がC-HRの魅力なのです。

ただ、本記事のテーマは「C-HRの車中泊」について。
すなわち、問題はその室内寸法で車中泊が出来るかどうかという点でしょう。

車中泊をする上で特に重要になってくるのは室内長です。
C-HRの場合は室内長が1,800mmとなっています。

一見すると、比較的容易に車中泊が出来そうな数字に見えますが、実際の車内は空っぽではないため、室内長1,800mmをフル活用することは出来ません。

言うまでもなく、車内にはシート(座席)が存在しています。
そして、そのシートアレンジによって、車内空間を有効活用出来るかどうかが決まると言っても過言ではありません。
それでは、C-HRのシートアレンジはどのような構造になっているのか紐解いていきましょう。

C-HRのシートアレンジとは?

車中泊の鍵を握るシートアレンジ。
特に、シートを倒した際に水平に近い状態、いわゆる”フルフラット”になるかどうかがポイントです。

C-HRのシートアレンジはどうなのでしょうか?
結論を申し上げると、残念ながらC-HRのシートアレンジではフルフラットにすることが出来ません。

まず、前席(運転席と助手席)の背もたれを後ろへ倒して場合を検証してみましょう。

この場合、どう頑張っても前席背もたれが後席の座面の上に乗り上げる形となってしまい、巨大な凹凸が発生してしまいます。これではとても車中泊どころではありませんね。

次に、後席の背もたれを倒す場合について検証してみましょう。

特にC-HRの後席の後ろに控える荷室は容量が小さいため、後席の背もたれを後ろに倒してもフルフラットとは程遠いものになってしまいます。
後ろがダメなら前に倒すしかありません。

後席の背もたれを前に倒した場合、荷室のスペースも含めて”それなりの広さの空間”が出来上がります。
しかし、後席の座面の上に背もたれを倒しても両者の接地面が上手くフィットしないため、荷室から前席方向にかけて上り坂のような具合になってしまうのです。

そうは言っても、この程度の傾斜は他の車種でもよくある話。
完全なフルフラットでなくても横になって寛ぐ自信がある方であれば問題無いでしょう。

そもそも空間が狭い?!車中泊に立ちはだかる壁とは?

ここまで読んで「多少の傾斜を我慢すればC-HRで車中泊が出来るのか!」と思った方。
実は、まだお伝えしなければならないマイナス要素がございます。

それは、車中泊をする際に利用する空間の狭さ、特に車体の前後方向の長さの話です。

前述のように、C-HRの後席の背もたれを前に倒して荷室空間と一体にした場合、”それなりの広さの空間”が出来上がるとお伝えしました。
それでは、”それなりの広さ”とは一体どれほどの広さなのでしょうか?

ここで決め手となるのが荷室後部から前席背もたれ後部までの長さ。すなわち、”それなりの広さの空間”の車体の前後方向の長さです。
C-HRの場合、この長さは約1600mm(=160cm)になります。

さて、皆様はこの数値を見てどう思われますか?

人間の身長は千差万別ではあるものの、この長さでは頭のてっぺんからつま先まで一直線に伸ばした状態で横になれるのか不安になってくることでしょう。
少々古いデータになりますが、平成30年に実施された国民健康・栄養調査によると、日本人男性20歳以上の平均身長は168.0±7.1[cm]、日本人女性20歳以上の平均身長は 154.5±7.0[cm]という結果が出ています。
その中でも更に、C-HRのターゲットである若い世代、例えば20~29歳という年齢層に絞った場合、男性の平均身長は171.7±5.9[cm]、女性の平均身長は158.7±5.7[cm]です。

いかがでしょうか?

あくまでも平均値ベースでの話ですが、女性はまだしも、男性が身体を一直線に伸ばして横になることは、C-HRにおいては困難であると言えるでしょう。
「縦がダメなら横だ!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、C-HRの室内幅は1,455mm。ただ、これはカタログ上の最大幅です。

特に荷室空間付近は後輪のタイヤハウス(ホイールハウス)部分が室内に張り出しているため、室内幅は更に狭くなっています。
この荷室空間付近の室内幅についての公式数値は発表されていないものの、1,000mmを下回る幅です。
つまり、たとえ成人女性であったとしても、C-HRにおいては到底横向きに寝ることは出来ません。

このようにC-HRでの車中泊には、車中泊時に利用する空間の狭さという壁が立ちはだかっています。
このためC-HRにおいて、少なくとも”快適な”車中泊をすることは困難であると言えるでしょう。

C-HRはどのように有効活用すれば良いのか?

これまでの内容から、C-HRでの快適な車中泊を期待されていた皆様にとっては心苦しい内容をお伝えすることとなってしまいました。
ただ、これで終わらせないのがこの記事です。

残念ながら”快適な”車中泊は諦めざるを得ませんが、まだ道はあります!
C-HRにはC-HRなりの活用方法があるのです。
その方法をこれからご紹介していきましょう。

縦と横がダメなら”斜め”を活かせ!

背もたれを前方に倒した後席と荷室空間を合わせた空間の縦の長さと横の長さは日本人の平均身長を踏まえると、特に男性は厳しいことは前述の通りです。
ここで、学生時代に学習した直角三角形の辺の長さの内容を思い出してみてください。
直角三角形で最も辺の長さが長いのはどの部分でしょうか?

そう、それは縦でも横でもなく”斜め”の辺です。
その原理を利用し、C-HRの当該空間を斜めに利用した場合を検証してみましょう。

これまでの内容から、当該空間の縦の長さ(車両前後方向の長さ)を1,600mm、荷室空間付近の横の長さ(室内幅)を900mmとします。
これを直角三角形の斜辺を求める公式に当てはめると、当該空間を”斜め”に利用した場合に利用可能な最大の長さは1,835.7mm。
すなわち、身長180cm程度の方であれば身体を一直線にして横になることが出来るのです。

勿論、この方法では車中泊可能な人数は1人だけ。
加えて、クーペスタイルを意識したC-HR独特の流線的なデザインによって、特に車両後部の室内高は低く設計されているため、車内で横になった際の圧迫感があることは否めません。

しかしそれでも、確実に身体を伸ばして車中泊をすることがC-HRにおいても出来るのです!

車中”泊”ではなく車中”仮眠”を!

C-HRを活かす方法はまだあります。そもそものお話になってしまいますが、C-HRで車中”泊”をしようとするからハードルが上がるのです。
車中泊の記事をお読みいただいている皆様には申し訳ございませんが、ここでC-HRに対して求めるレベルを下げさせていただきます。

つまり、車中”泊”ではなく車中”仮眠”としてC-HRを活用するのです。
仮眠であれば、短時間横になるだけですので、身体を一直線にせず、少々背中を丸めた状態で横になっても良いと考えられます。

勿論、前席の背もたれを倒して仮眠するという方法もアリです。
しかし、その方法よりも後席の背もたれを前方に倒した後席と荷室空間を合わせた空間を活用して仮眠した方が、個人差はあるものの、疲れが取れやすいでしょう。

本記事の趣旨からは少々逸脱してしまうものの、C-HRを活かす方法はこんなところにもあるのです。

寝心地が変わる?!車中泊を快適にするアイテム4選!

C-HRの車中泊の実情についておわかりいただけましたでしょうか?

ただ、「そうは言っても、やっぱりフルフラットが良い!」「シートを倒した際の細かな凹凸が気になって眠れない!」という方もいらっしゃることでしょう。
実は、ひと手間加えるだけで気になる寝心地が改善されるのです。そんな車中泊に嬉しいアイテムを3つご紹介します!

シンプルな力技!布団!

皆様はご自宅で就寝する際には、どこで寝ていますか?
恐らく『布団』か『ベッド』の二択が大半を占めることでしょう。

つまり、皆様が普段就寝時に使用しているアイテムをそのままC-HRに持ち込めば良いのです。
流石にベッドはC-HRに持ち込めないので、必然的に布団という選択肢が残ります。
シンプルな力技ですが、C-HRの寝心地が劇的に改善されること間違いありません!

とはいえ、「寝心地の改善策が布団?!そんな答えは求めていない!」という声が聞こえてきそうです…。
確かに、文字通り”寝心地”という一点に絞れば最強であるものの、車中泊における布団という選択肢には大きなデメリットがあることも否めません。

例えば、室内空間の占有量です。布団は非常に嵩張ります。

前述の通り、C-HRの荷室空間はそこまで大きくないため、布団を積み込む場合は後席の背もたれを前後に倒して空間を広く取る工夫をしなければなりません。
また、布団を積んでしまうと他の荷物はほとんど積むことが出来ず、キャンプ道具を積み込んで色々と楽しみたいと考えている方には特におすすめ出来ない方法です。
加えて、布団は重量もそれなりにあります。他の荷物とは異なり、C-HRへの積み降ろしや、他の場所への持ち運びも一苦労。

旅行中において就寝以外の活動に支障をきたすのは目に見えています。
純粋に寝ること以外を目的とする車中泊旅行の場合、布団を積み込むことは現実的ではないと考えたほうが良いでしょう。

持ち運びが便利!エアベッド!

布団レベルの寝心地は求めないとしても、嵩張らずに持ち運びやすくてC-HRの寝心地が改善されるアイテムが欲しいですよね?
そんな夢を叶えてくれるのが『エアベッド』です!

勿論メーカーや商品タイプにもよりますが、普段はコンパクトに持ち運べ、使用時にはそれなりに厚みのある仕様となるのがエアベッドの特徴になります。
その厚さ故に、シートの凹凸を感じることなく車中泊をすることが出来るのです。
ただ、C-HRや商品タイプによってサイズが千差万別ですので、前述のC-HRの室内寸法を参考にしながら購入するようご注意ください。

ただ、これまでの解説の通りC-HRにおいて車中泊をする場合は、背もたれを前方に倒した後席と荷室空間を合わせた空間を”斜めに”利用することがポイントです。
エアベッドは基本的に長方形であるため、特に車両後部においては角が引っ掛かる可能性があります。この点に関しては十分ご注意ください。

また、エアベッドはその名の通り空気を注入して使用するのが特徴ですが、肝心の空気入れが別売りの場合もあるので注意が必要です。
更に、可能であれば空気入れは電動仕様をおすすめします。

商品によっては、電動空気入れとセットで購入しても5,000円以内に収まるものもあり、比較的リーズナブルに寝心地改善が出来ることがポイントです。

寝心地を徹底追及!C-HR専用車中泊マット!

そうは言っても「寝心地が良くてC-HRの規格にピッタリ合う専用品が欲しい!」という方もいらっしゃることでしょう。
そんな言いたい放題のわがまま商品、存在するわけないと思いませんか?

実は、そんな夢のような商品が存在します。
それが、『Field Strike』製の『TOYOTA C-HR 車中泊 マット 車種専用』(出典:Yahoo!ショッピング)という商品です。

使い方はとても簡単で、後席の背もたれを前方に倒して荷室と一体の空間にした状態で敷くだけ!
このマットは厚さが70mmもあるために布団並みの寝心地を実現し、車内の細かい段差を気にすることなく、また、斜めに寝ても問題なく使用できます。
更に、布団の項においてデメリットとして挙げた嵩張りの観点からも優秀で、使わないときはマットの折り目に沿って畳んでおくだけで、C-HRの荷室にも収まるようなコンパクトな構造です。

それでも段差が気になる場合にも手段があります。
同じく『Field Strike』製で別売りの『段差マット2個セット 車中泊マット専用オプション』(出典:Yahoo!ショッピング)。
こちらの商品を使用することによって、より理想的なフルフラット形状を実現することが出来ます。

気になるお値段は『TOYOTA C-HR 車中泊 マット 車種専用』が25,300円(税込/送料別)、『段差マット2個セット 車中泊マット専用オプション』が6,091円(税込/送料別)です。
少々割高に感じるかもしれませんが、ータル3万円程度でC-HRにフルフラットで寝心地の良い環境を作ることが出来ると考えれば安いものでしょう。

まとめ

C-HRの車中泊事情、いかがでしたか?

C-HRの車中泊については、残念ながら多種多様なケースに対応することは出来ません。
それでも、後席の背もたれを前に倒して荷室と一体の空間を作り出し、C-HR専用車中泊マットセットを使用した状態で車体の前後方向に対して斜めに寝れば、1人の車中泊ではかなり快適な車中泊が実現できます。
これがC-HRにおいて筆者がおすすめの車中泊プランです。

一昔前までは、車中泊と言えば旅行という認識でしたが、最近は災害時の一時避難所として利用したり、働き方改革に伴うテレワークの拠点として利用される例が増えつつあります。
どのような用途であれ、”自動車”という乗り物を利用する以上、特に運転手の方はなるべく疲れを溜めないことが大切です。
そのためには、筆者がおすすめするプランのように、多少割高になっても寝心地が良い設備やアイテムを選択してください。

それこそが、最終的に満足出来る車中泊を行う秘訣なのです!

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-C-HR, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.