C-HR トヨタ

C-HRの乗り心地や静寂性のレベルを解説!悪い?良い?

何かと街中で見かける機会が多い『C-HR(シーエイチアール)』”コンパクトクロスオーバーSUV”というカテゴリーに属すことから、若い世代を中心に人気の車種です。
そのようなカテゴリーに属する車種であるため、自分一人で乗る場合もあれば誰かと一緒に乗る機会が多くなることが予想されます。
そうなると、乗り心地や静粛性(静寂性)も気になるところでしょう。

今回は、そんなC-HRの乗り心地や静粛性について解説していきます!

乗り心地はスポーティー!街中や郊外は静かな走り!

C-HRの乗り心地を一言で表現すると「トヨタらしからぬ乗り味」であると言えるでしょう。
これは、すなわち「足回りが硬い」ということを意味しています。

しかし、この表現は決して悪い意味ばかりではありません。
今までのトヨタ車にはあまり見られなかったスポーティーな乗り心地という一面もあるのです。
この乗り心地こそ、C-HRが「SUVでありながらスポーティーな乗り心地を追求した車種」というオリジナリティを確立しています。

一方で、C-HRの静粛性については、街乗りや郊外の道路において優秀です。
特にハイブリッド車は、その駆動システムの構造から静粛性が非常に高いことが特徴となっています。

それでは、C-HRの乗り心地と静粛性について、様々なデータに基づき具体的に検証してみましょう。
ただ、乗り心地や静粛性に関しては具体的な振動や騒音に関する数値がメーカーから発表されているわけではありません。
本来であれば定量的に皆様に情報をお伝えできると良いのですが、今回のテーマに関しては定性的な情報伝達となってしまうこと、ご了承ください。

まずはC-HRの基本スペックを確認!

C-HRの乗り心地と静粛性を検証する前に、基本スペック情報を押さえておきましょう。
基本スペック情報を頭に入れておくことにより、この後ご紹介する乗り心地や静粛性に関連する要因が想像しやすくなりますよ!

C-HR 基本スペック

【ガソリン車】

  • 車両重量   :1,390~1,480kg
  • エンジン排気量:1.196L
  • 最高出力   :116PS/5,200~5,600rpm
  • 最大トルク  :185N・m/1,500~4,000rpm

【ハイブリッド車】

  • 車両重量   :1,440~1,450kg
  • エンジン排気量:1.797L
  • 最高出力   :エンジン98PS+モーター72PS⇒システム最高出力122PS
  • 最大トルク  :エンジン142N・m+モーター163N・m

C-HRは大きく分けるとガソリン車とハイブリッド車の2通りのラインナップが存在しています。
こうした基本スペックを踏まえて、C-HRの乗り心地や静粛性について考察していきましょう。

C-HRの乗り心地を検証!

まずは、C-HRの乗り心地の検証から始めます。
C-HRの乗り心地の特徴を一言で表現すると「トヨタ車らしからぬ乗り味」と言うことができるでしょう。

実は、この表現には悪い意味と良い意味があります。

C-HRの乗り心地の悪い面とは?

敢えて悪い面からお伝えしましょう。

皆様は「トヨタ車の乗り味」と聞くとどのような乗り心地を連想しますか?
勿論、車種によって違いはあるものの、一般的に昔からトヨタ車は「柔らかい乗り心地」と言われていました。

その意味するところは、路面の凹凸による振動を抑えたフワフワとした乗り心地ということです。
この乗り味は昔から特にトヨタ車が得意とする高級車に活かされ、現在ではレクサス車を中心にこのDNAが受け継がれています。

ここで、先ほどの「トヨタ車らしからぬ乗り味」というフレーズを振り返ってみましょう。いかがでしょうか?

つまりこのフレーズの意味する悪い部分とは、すなわち路面の凹凸による振動を比較的拾う、いわゆる”硬い足回り”ということなのです。
若い世代を中心として人気のあるC-HRですから、人生最初のマイカーがC-HRという方も少なからずいらっしゃることでしょう。

そういう方々にとっては「自動車の乗り心地ってこんなものか」という感想で終わります。
その一方で、若い世代ではない、昔からトヨタ車を乗り継いできたトヨタのヘビーユーザーもいらっしゃることでしょう。

そんな方々にとってC-HRは、悪い意味で「こんなのトヨタじゃない!」という印象を与える可能性が高い車種になります。
故に、高級車ライクなゆったりとした乗り心地をお求めの方には、C-HRは不向きであると言えるでしょう。

”良い乗り心地”とは何なのか?

そもそも”良い乗り心地”とは何なのでしょうか?

極端な例を挙げてみましょう。
賛否両論あるものの、この世で最も乗り心地が良いと言われる自動車メーカーを皆様はご存知でしょうか?

そう、『ロールス・ロイス』です。
ロールス・ロイス中でも最も有名かつ最高級な車種である『ファントム』は、”魔法の絨毯”と表現されるほど滑らかな乗り心地を誇ります。

ここで問題です。
このファントムは車両本体価格5,600万円スタートという驚異的な価格を誇りますが、果たして走りの楽しさを見出せる車でしょうか?

一方で、スポーツカーを更に超えた”スーパーカー”と称される車種の代表格として『ランボルギーニ』が世に送り出す『アヴェンタドールS』という車も存在しています。
アヴェンタドールSの価格はファントムよりもやや安いものの、それでも車両本体価格4,500万円スタートという、こちらも驚異的な価格設定です。

それでは、ファントムの乗り味が好みの方はアヴェンタドールSの乗り味に満足できるでしょうか?はたまたその逆はいかがでしょうか?

”魔法の絨毯”ファントムは乗り心地こそ良いものの、0-100km/hのタイムは5.3秒、最高速度は250km/hに留まります。
一方でアヴェンタドールSの0-100km/hのタイムは2.9秒、最高速度はなんと350km/hにまで到達しますが、お世辞にも乗り心地が良い車とは言えません。しかしながら、アヴェンタドールSには、ファントムでは決して感じ得ない要素があります。

自分自身で車を操る感覚。車が地面に吸い付く感覚。自分自身が車や路面と一体になって高速移動する異次元の感覚。

それがアヴェンタドールSの醍醐味です。
両車種とも超高級車ですが、ファントムとアヴェンタドールSそれぞれのテイストは、それぞれが良いものでありながらも、互いに相容れないことでしょう。

C-HRの乗り心地の良い面とは?

閑話休題。C-HRに話を戻します。

前項での解説の通り、要するに乗り心地の良し悪しの感じ方は人それぞれなのです。
それは「トヨタ車の乗り味」とて例外ではありません。

なぜなら、この乗り味からは車を操る楽しさや走る楽しさを見出すことが難しいからです。
ここからは皆様お待ちかね、C-HRの乗り心地の良い面を解説していきましょう。

そもそもC-HRは、SUVでありながらスポーツカーを意識したコンセプトで設計されていることが特徴です。
最もわかりやすいのは、デザイン性を重視したコンパクトクロスオーバーSUVのカテゴリーの中でも際立ってスポーティーな、クーペルックの流線形が印象的なその外観にあります。
ただ、スポーツカーを意識した設計は外観だけではなく、乗り味にも十分に反映されているのです。

それこそが、C-HRが持つ「トヨタらしからぬ乗り味」の良い面。すなわち、従来のトヨタから脱却した硬い足回りそのものになります。

ところで、単純に「硬い足回り」と聞くと悪いイメージを連想してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
硬い足回りの意味するところは、タイヤとボディを繋ぐサスペンション(バネ)の伸縮性を小さくすることによって、ありのままの路面状況をドライバーに伝えること。
この要素、特にスポーツカーのドライバーにとっては必要情報であると共に、”「車を走らせている」という喜び”にも繋がるプラス要素にもなります。

それだけではありません。
「硬い足回り」とは「しっかりと安定した足回り」と言い換えることもできます。

代表的なのはカーブにおける安定性の高さです。
皆様にはカーブを曲がる時、カーブの外側に向かって身体が引っ張られそうになるのを、手足を踏ん張って耐えた経験はありませんか?
これは遠心力が原因です。

理科の授業ではないので遠心力に関する詳しい説明は割愛させていただきますが、物体がカーブを曲がったり何かに振り回されたりする際に、そのカーブや回転の中心部に対して反対側に引っ張る力が遠心力と呼ばれる力になります。
この遠心力は人間だけではなく全ての物体に対して発生するため、当然、カーブを曲がる自動車に対しても発生するものです。

そして、これまた理科の授業のようになってしまうので詳しい解説は割愛させていただきますが、遠心力が働く方向に対して垂直の方向に対して物体が長ければ長いほど、その物体は安定性を失う傾向にあります。
カーブを曲がる自動車においても、遠心力に対して垂直方向に対して長ければ長いほど、すなわち自動車の車高が高ければ高いほど、車体は不安定になるのです。

更にこの不安定さの度合いの決めるのがタイヤと車体を繋ぐサスペンションになります。
サスペンションとはすなわちバネですので、伸び縮みする物体です。
そしてその伸縮性が高ければ高いほど、外側から力が掛かったときに大きく伸びることになります。

このサスペンションの伸びの大きさこそ車体のブレを大きくする要因であり、伸びが大きければ大きいほど車体はブレブレになるのです。
一般的に、C-HRが所属する”SUV系”の車種は、一般的に車高が高く、サスペンションの伸縮性は全車種の中でも標準的または振動軽減のために若干大きくしている場合が多く見受けられます。
故に、こうした車種はカーブを曲がる際に車体が不安定になる傾向があるのです。

ところが、こうした傾向の例外となるのがこのC-HR。
C-HRのサスペンションは、スポーツカーを彷彿させるほど「しっかりとした足回り」を実現させるために伸縮性が低く設定されています。
このため、カーブにおける安定性が高く、車体が左右に振られることなく安定した走りを実現しているのです。

スポーツクーペのように安定し、走る楽しさを見出せる乗り心地。
これこそがC-HRの”乗り心地の良さ”であり、”走りを楽しむ”ドライバーを惹きつける大切な要素なのです。

C-HRの静粛性を検証!

続いて、C-HRの静粛性について検証してみましょう。C-HRの静粛性は、走行シーンによって評価がわかれます。

街乗りや郊外のバイパスは静か!注目はハイブリッド車!

街乗りや郊外のバイパスにおいて、C-HRの静粛性は比較的良好と言えるでしょう。

特にハイブリッド車については、静粛性がピカイチです!
ハイブリッドモーターで走行することが可能であることに加えて、ガソリン車には付いていないアイドリングストップ機能がハイブリッド車には備わっています。

低速域での走行や”トップ・アンド・ゴー”が多い街乗りや、中速域での走行が多い郊外のバイパスにおいては、必然的にこれらの機能が多用されるためにエンジンが停止している時間が長くなるものです。
エンジンが停止しているだけで、自動車の静粛性はグンと上がります。

つまり、街乗りや郊外のバイパスにおいて、特にハイブリッド車に関してはC-HRの静粛性が高くなるのです。

上り坂や高速道路はうるさい?!パワー不足が仇に!

一方で、上り坂や高速道路における走行シーンについて、C-HRの静粛性はいかほどでしょうか?
残念ながら、こうしたシチュエーションにおいてはC-HRの静粛性は低くなってしまいます。
それは、前項において絶賛したハイブリッド車についても同様です。

一体何故でしょうか?

実は上り坂や高速道路においては、C-HRのエンジン音がうるさいのです。
確かに、乗り心地の解説において、C-HRはスポーツカーテイストの車種である旨ご紹介しました。

しかしながら、所詮はSUV系。本格的なスポーツカーならいざ知らず、SUV系であるC-HRのエンジン音が、何故うるさいのでしょうか?

その原因は、エンジンが高回転している時間が長いことにあります。
エンジンの回転数が高いということは、それだけ深くアクセルを踏み込んでいるということです。

スポーツカーを意識したコンセプトに感化され、ドライバーはひたすらアクセルを踏み込んでいるのでしょうか?!
そんなはずはなく、ドライバーも踏みたくてアクセルを深く踏んでいるわけでもありません。

それでは、一体どうしてアクセルを深く踏み続ける必要があるのでしょうか?
実は、上り坂や高速道路におけるC-HRはアクセルを深く踏まないと思うように走ることができない場合が多いのです。

その原因は、車両重量に対するエンジンパワーの小ささにあります。
言い換えると、小さな力で重い車体を動かそうと頑張っているということ。

冒頭でご紹介した基本スペックを見るだけではイマイチ想像がつかないかもしれませんが、つまるところ、C-HRが載せているエンジンスペックは車両重量に対してパワーが無さ過ぎるのです。
このため、アクセルを深く踏み込まざるを得ないという結果になります。

参考までに、C-HRと同じくトヨタから発売されている他のコンパクト系の車種とスペックを比較してみましょう。

トヨタ コンパクト系車種比較

【ヤリス クロス(ガソリン車)】

  • 車両重量   :1,110~1,230kg(対C-HR▲160~370kg)
  • エンジン排気量:1.490L
  • 最高出力   :120PS/6,600rpm(対C-HR+4PS)
  • 最大トルク  :145N・m/4,800~5,200rpm(対C-HR▲40N・m)

【ヤリス クロス(ハイブリッド車)】

  • 車両重量   :1,160~1,240kg(対C-HR▲200~290kg)
  • エンジン排気量:1.490L
  • 最高出力   :システム最高出力116PS(対C-HR▲6PS)
  • 最大トルク  :エンジン120N・m(対C-HR▲22N・m)+モーター141N・m(対C-HR▲22N・m)

【カローラ スポーツ(ガソリン車)】

  • 車両重量   :1,300~1,400kg(対C-HR+10~▲180kg)
  • エンジン排気量:1.196L
  • 最高出力   :116PS/5,200~5,600rpm(対C-HR±0PS)
  • 最大トルク  :185N・m/1,500~4,000rpm(対C-HR±0N・m)

【カローラ スポーツ(ハイブリッド車)】

  • 車両重量   :1,360~1,390kg(対C-HR▲50~90kg)
  • エンジン排気量:1.797L
  • 最高出力   :システム最高出力122PS(C-HRと同値)
  • 最大トルク  :エンジン142N・m(C-HRと同値)+モーター163N・m(C-HRと同値)

※比較対象のC-HRとは、ガソリン車同士・ハイブリッド車同士で比較

いかがでしょうか?

細かい浮き沈みはあるものの、比較車種は全体的にC-HRと同等のエンジンスペックに対して、車両重量が軽い傾向にあります。
特に『ヤリス クロス』は、C-HRよりもエンジンスペックが若干劣るものの、車両重量の軽さで圧倒的に差をつけていることがおわかりいただけますでしょうか?

上記のデータと照らし合わせて見ると、C-HRの車両重量がエンジンスペックに対して重いことがわかりますね。
このような要因により、パワーが要求される上り坂や高速道路においてC-HRはアクセルを踏み込まなければなりません。
そして、結果的にエンジン音がうるさくなることにより、静粛性が損なわれるのです。

スポーツカーを意識したC-HRですが、走るシチュエーションは街中や郊外の道路をおすすめします。
静かに、しかしスポーティーに駆け抜けるコンパクトクロスオーバーSUVこそ、新時代の車の楽しみ方であると言えるでしょう。

まとめ

C-HRの乗り心地や静粛性の解説はいかがでしたか?
今回はスペックや特性に基づいて乗り心地や静粛性の解説をさせていただきましたが、実はあらゆる車種の乗り心地を左右する最大の要因はそこではありません。

最大の要因は人間です。すなわち、ドライバーの運転の仕方に依ります。

急加速・急ブレーキ・急ハンドル。これらは自動車に乗っている際に、乗り心地や静粛性に関して最も不快に感じる要素でありながら、この現象を発生させているのは自動車ではなく人間なのです。

ドライバーは自分のタイミングでこうした行為をするので発生のタイミングが掴めるものの、同乗者はそうはいきません。
極端な話、公道でジェットコースターに乗せられているようなものです。
遊園地におけるジェットコースターは楽しむ目的で乗るので良いですが、公道におけるジェットコースターは誰も求めていません。

更に、これらの行為は危険運転に該当し、交通事故の要因にもなりかねないものです。
つまり、乗り心地や静粛性の向上のためには急加速・急ブレーキ・急ハンドルをしないということが最も大切であり、そうしたことを心掛けることによって、同乗者の快適性の向上や交通事故防止にも繋がります。

あなたの車の乗り心地や静粛性はいかがでしょうか?

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-C-HR, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.