カローラ トヨタ

中古でカローラを購入する際の相場や価格を徹底解説

「中古のカローラを買いたい」「相場はいくら?」など、カローラの中古車事情を知りたい人は多いのではないでしょうか。中古車は新車よりも相場が安いといえますが、状態など他の要素を見極めながら、最適な一台を決めることが大切です。

カローラの中古車相場を知りたい人のために、価格に関する情報を解説します。この記事を読めば、カローラが中古車としてどれだけお得かが分かるでしょう。

なお、この記事におけるデータは「価格.com」調べで、セダンモデルのカローラを対象にしています。 

モデル別カローラの中古車価格帯

カローラは1966年に初代が発売されて以来、幾度もフルモデルチェンジを繰り返しながら、現在も活躍を続けています。各モデルの価格帯をまとめました。表中の年はその代のモデルとして新発売された年です。

2019年モデル 129万円~273万円
2013年モデル(カローラアクシオハイブリッド) 45万円~222万円
2012年モデル(カローラアクシオ) 33万円~191万円
2006年モデル(カローラアクシオ) 15万円~158万円
2000年モデル 23万円~69万円
1995年モデル 17万円~97万円
1991年モデル 45万円~118万円
1987年モデル 23万円~110万円
1983年モデル
1979年モデル 158万円~289万円
1974年モデル 応談
1970年モデル 89万円
1966年モデル 130万円~171万円

現行である2019年モデルのカローラの価格帯は129万円~273万円です。相場としては約201万円でしょう。過去のモデルはもっとも安い価格で15万円~45万円と低くなっています。2000年や1995年モデルは、もっとも高くても100万円に満ちません。

一方で1966年や1979年モデルのように、クラシックカーとして親しまれている場合は安定した価格で取引されやすいようです。

2019年モデルのカローラを中古で買うなら、車体価格に加えて税金、追加パーツなどの諸費用も考え、150~300万円は用意した方がよさそうです。

中古車相場と新車価格を比較

メーカー発表によるカローラの新車価格を中古車相場と比べてみます。どれだけお得かを比較検証しましょう。

モデル 価格帯
カローラ 新車 193万6000円~263万7800円
カローラ 中古車 129万円~273万円

最低価格帯で比べるた結果、カローラの中古車相場は新車より70万円程度は安くなる可能性があります。一方で最高価格が新車を上回っているため、状態や装備次第では、同じグレードの新車より高く売られているものもありそうです。

状態と価格のバランスを考えながら、お得に買える中古カローラを見つけましょう。 

ポイント別にカローラの中古車相場をチェックしよう

走行距離や車検が残っているなど、ポイントを絞って中古カローラを探したい人もいるでしょう。この章では中古車ならではの情報から、カローラの相場を検証します。なお検証モデルは2019年式のカローラが対象です。 

走行距離

走行距離は短いほど状態がよいとされています。距離別に相場がどれだけ変化するかをチェックしましょう。

走行距離 価格帯
~1000km 145万円~273.9万円
~3000km 129.8万円~272.8万円
~5000km 135.8万円~249.9万円
~7000km 151万円~239.6万円
~1万km 165万円~259万円
~2万km 26万円~259万円
~3万km 23万円~225万円
~5万km 24万円~221.1万円
~7万km 23.9万円~289万円
~10万km 17万円~150万円
~15万km 30万円~180万円

走行距離が3000kmまでだとカローラの相場は高水準で安定しています。また1万kmを超えると20万円台で取引できる車も出ますが、クラシックタイプとして新車以上に高値で取引されるケースもあります。 

走行距離3000kmまでのカローラは状態のよさから安定した相場です。一方で1万km以上は単純に古いタイプからクラシックとして価値が高いものまで揃っているために価格帯が広くなっています。 

車検残あり

「車検残あり」とは、車検の残り期間がある車で、購入直後にすぐ走らせられるのがメリットです。価格帯は19.8万円~273.9万円になります。

車検の残り期間があるメリットは、購入してすぐに車検に入れる必要がないだけで、状態に優れたものを選べるとは限りません。車検が残っているだけで安心せず、店員との相談を重ねながら状態を確かめていきましょう。

それでも買ってから車検なしでしばらく走らせられるのは、お得な中古車のステータスです。チェックポイントに入れてもよいでしょう。 

修復歴なし

事故やトラブルによる修復歴がないカローラの価格帯は、19.8万円~272.8万円です。あくまでも事故やトラブルで仕方なく修復を受けたかを問うもので、定期的なパーツの交換は修復に入りません。

車の状態をよく保つために、中古車販売店がタイヤやエンジンオイルなどの消耗品を交換することはあります。パーツが新品なら状態を前向きに判断しやすいでしょう。

修復歴がない車も価格帯が広いといえます。状態がよいものもありますが、修復が必要なのに受けていないケースに注意です。購入直後のトラブルで修復が必要になり、追加でお金がかかるかもしれません。

また、水没車は修復歴のある車とは表示されません。水没の過去は表示義務がなく、車の骨格を直したわけではないからです。相場と比べてあまりに安すぎたり、サビや汚れ、湿気が目立つ車は水没を受けた可能性があるので、健全なモデルと見分けましょう。

修復歴なしの車も価格帯が広く、さまざまな事情があるので、店員と相談しながら正確に状態を判断してください。 

中古カローラをお得に選ぶ方法

中古カローラをお得に選ぶなら、価格だけで判断してはいけません。燃費や年間維持費を想定しつつ、状態を見極めることが重要です。中古カローラ選びで後悔しないためのポイントをまとめました。 

燃費と年間維持費を考えよう

中古車選びでは燃費年間維持費を想定しましょう。中古車は新車よりもスペックが下回っていることがほとんどで、維持費がかかりやすいからです。

燃費は新しいほど1Lあたりの距離が長いといえます。古いタイプは現行モデルより燃費が短い傾向なので、ガソリン代がある程度かさむことに気をつけましょう。

年間維持費も、新車以上にメンテナンスが必要になり、想定よりかさむことがあります。新車よりお得な価格で中古車が買えても、維持費の積み重ねで長期的には損になるかもしれません。

中古モデルのカローラを買う場合は、燃費や維持費を計算しましょう。購入時の支払いだけでなく所有コストも想定する必要があります。 

安い価格だけで満足せず状態を見極めること

中古のカローラをお得に買うポイントは、価格だけで満足しないで状態のよさを見極めることです。状態がよくて安い車が、お得かどうかの目安になります。

ポイントとしては見た目がきれいなのはもちろんのこと、事故歴や修復歴の有無も要チェックです。走行距離が短いほど、状態に優れたカローラが多いといえます。

しかし年式の割に走行距離が短いと、使われていない期間が長すぎてメンテナンスを受けていないかもしれません。長期間走っていないことでエンジンなどが劣化することがあり、購入後の乗り味に不満があったり、トラブルが頻発する可能性があります。

見た目だけでなく修復歴、走行距離など各ポイントを総合的に判断し、状態に優れたカローラを見極めましょう。 

中古カローラでおすすめは?

現行のカローラを中古で買うとお得ですが、古いモデルならではの個性にこだわる人も多いでしょう。現行と旧モデルの場合に分け、中古車としておすすめのモデルをまとめました。

現行カローラのガソリンモデル「W×B」

2019年モデルのカローラを中古で購入するなら、ガソリンモデルのW×Bに注目しましょう。

現行のカローラとしては上級グレードですが、スポーティシートのおかげで乗り心地に優れています。ホイールやメーターなど各種デザインもおしゃれに仕上がっており、見た目にこだわる人にもおすすめです。 

カローラの歴史において進化したおしゃれ感や便利さを考えて、2019年モデルのW×Bには要注目でしょう。 

ハイブリッドの認定中古車なら「HYBRID S」

2019年モデルのカローラでハイブリッドモデルを求めているなら、HYBRID Sに注目しましょう。

ハイブリッドらしく燃費性能が優れているので、環境に優しいモデルが好きな人におすすめです。燃費性能が高ければ、給油の機会も減るのでガソリン代の節約に役立つでしょう。

装備面でも実用性に優れたものが揃っています。一人乗りからファミリーカーとしての活用まで、シチュエーションに合わせて使いやすいでしょう。

ハイブリッドらしいクオリティを求めているなら、2019年モデルであるカローラのHYBRID Sがおすすめです。 

2代目カローラアクシオは現在でも個性的で親しみやすい 

旧モデルなら、2012年モデルである2代目カローラアクシオに注目してください。カラーパターンが多いので、現代の車社会においても若者向きです。フロントマスクがシャープなので、ビジュアル面でも新しい車と引けをとりません。

現代では5ナンバーのコンパクトセダンは貴重です。小回りが利きやすいので街乗りとしてスムーズに走らせられます。居住空間はコンパクトセダンとしては優秀で、特にシートと膝の距離が広いのがポイントです。

旧モデルとは思えない使いやすさから、2代目カローラアクシオに注目しましょう。

まとめ

カローラの中古車は新車よりも相場が安いので、状態がよい車を選べばお得でしょう。2代目カローラアクシオのように、新車に負けない個性をもったタイプもあるので、コストパフォーマンスに優れた一台を探してください。

価格の安さだけにとらわれず、走行距離や修復歴など状態につながる情報もまとめ、総合的に判断してください。必要なポイントを押さえた選び方が、後悔しない中古車選びで重要です。 

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-カローラ, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.