カローラ トヨタ

トヨタカローラの新車乗り出し価格は約174万円~290万円

「トヨタカローラはいくらで買えるか知りたい」「少しでもお得な新車乗り出し価格で買いたい」と考えていませんか。カローラの値引きの可能性やオプションパーツの組み合わせを知ることで、新車乗り出し価格を正確に知れます。

今回はカローラを買う予算を正しく知りたい人のために、新車乗り出し価格に関するヒントをまとめました。これから新車を買いたい人は、お得な情報を学べるかもしれません。 

新型カローラとは?

新車乗り出し価格を知る前に、現行のカローラセダンの特徴をまとめました。

「カローラアクシオ」からフルモデルチェンジした小型セダン

新型カローラは2019年にカローラアクシオからのフルモデルチェンジを受けて誕生しました。GA-Cプラットフォームという車両骨格を使ったことで、5ナンバーから3ナンバーにサイズが大きくなっています。

排気量は1.5Lから1.8L、リアサスペンションもダブルウィッシュボーンに変わるなど、新しいカローラの魅力を感じ取れるでしょう。 

「ツーリング」や「スポーツ」などの派生モデルも人気

新型カローラはセダンだけでなく、ステーションワゴンの「ツーリング」、コンパクトカーの「スポーツ」といった派生モデルも人気です。

カローラのスマートな走りを望む人でも、アウトドアなどで荷物を多く積み込む機会があればツーリングを選んではいかがでしょうか。小回りの利きやすさやさらなるコストダウンを望むならスポーツがよいでしょう。 

ツーリングやスポーツと合わせて、カローラブランド全体でクルマ選びを検討することも考えられます。 

ボディサイズが従来より大きくなり、相場も上がった

現行カローラのボディサイズは前代のアクシオよりも大きくなったこともあり、新車としての相場が上がっています。

アクシオとの比較で新型カローラセダンは、グレードより約40~50万円もアップしました。アクシオの新車販売はトヨタでまだ続いており、価格はガソリンモデルで154万6600円~181万0600円、ハイブリッドは212万3000円です。

新型カローラはアクシオ時代よりもクラスが上がっており、アリオンやプレミオに近くなっていることに気をつけましょう。

グレード別カローラの新車価格は?

カローラはセダンだけでもエンジンや駆動形式が複数に分かれており、グレードによっても価格が異なります。エンジンの形式別に分け、グレードごとの新車価格をまとめました。 

1.8Lガソリン

  • G-X CVT 2WD: 193万6000円
  • S CVT 2WD: 213万9500円
  • W×B CVT 2WD: 231万5500円
  • G-X “PLUS” 2WD: 197万2300円

1.2Lターボ

  • W×B 6MT 2WD: 240万9000円

1.8Lハイブリッド

  • G-X 2WD: 240万3500円
  • G-X E-Four: 260万1500円
  • S 2WD: 257万4000円
  • S E-Four: 277万2000円
  • W×B 2WD: 275万0000円
  • W×B E-Four: 294万8000円
  • G-X “PLUS” 2WD: 243万9800円
  • G-X “PLUS” E-Four: 263万7800円

(※E-Fourとはハイブリッドの4WDモデルという意味です。)

新型カローラはどこまで値引き可能か

カローラを新車として少しでも安く買うため、値引きを試みる人もいるでしょう。どこまで値引きできるかを見極めることが重要です。新型カローラを安く買うためのお得なヒントを以下にまとめました。 

フルモデルチェンジから間もないので値引きは渋め

新型カローラは2019年10月にフルモデルチェンジを受けたばかりです。最新モデルの発売から時間が経っていないと、ディーラーはまとまった値引きを渋る傾向にあります。

しかしカローラ自体は人気が高く、トヨタのなかでも生産台数は多いので、うまくいけば10万円以上の値引きもあるでしょう。最新モデルながら多くの人に愛されている車種は、値引きの難易度もそこまで高くなさそうです。

トヨタディーラーとの競合で値引きの可能性アップ

新型カローラの値引きは、特にトヨタディーラーとの競合で可能性をアップできます。カローラシリーズは以前はカローラ店でしか手に入れられませんでした。しかし現在は販売方針が変わり、全国のトヨタディーラーならどこでも買えます。

別店舗のトヨタディーラーとの競合により、値引きを認めてもらえたり、金額をより安くしてもらえるかもしれません。

ライバル車との競合で値引きを引き出せるかもしれない

ライバル車種との競合でも値引きを引き出せるでしょう。カローラの場合は、別メーカーのコンパクトセダンとの比較がベストです。

新型カローラの競合車種にはホンダ・グレイスやMAZDA3などが当てはまります。以上の車種を別の店で見積もってもらい、トヨタディーラーに交渉すれば、スタッフが値引きを認めてくれるかもしれません。 

決算期には限界値引きも望める

自動車メーカーの決算期には値引きが決まりやすい印象です。自動車業界では1月中旬~3月末を年度末決算期、8月中旬~9月末までを中間決算期として、ディーラーでフェアを行なっています。

以上の時期はどこのディーラーも一台でも多くクルマを売ろうと必死なので、値引き交渉をすれば認めてもらえる可能性が上がっているでしょう。特に日曜日の夕方は、週末イベントの締めの時間帯なので、新型カローラを想定以上に値引いてもらえるかもしれません。

下取り車を売ることで総出費を抑えられる 

別のクルマから新型カローラへ買い換えたいなら、下取りで得たお金により、総出費を抑えられるでしょう。ただし下取り時には、売却予定のクルマが本来の中古車相場から離れてしまい、損な取引になる可能性もあります。

事前に下取り対象のクルマを買取店に査定してもらい、ディーラーとの比較で妥当な取引かが分かるでしょう。買取店とディーラーそれぞれから見積もりを取ってもらうことで、お得な条件で下取り額を得られるかもしれません。

下取り額は新型カローラの頭金に充ててもよいですし、オプションパーツの購入費用にも使いやすいでしょう。 

値引き相場は3~20万円

新型カローラの値引き相場は3~20万円です。特に値引き交渉をしなくても、3~6万円はメーカー希望小売価格から下がっている可能性があります。

しかし競合車による見積もり書を示しながら交渉すれば、10万円の値引きも夢ではありません。多数のオプションの注文で車体自体の価格を20万円まで下げてもらえるケースもあります。

以上から新型カローラは状況により、新車乗り出し価格が最大20万円まで下げられる見込みです。 

新型カローラ購入時に覚えておきたいこと

新型カローラを買うなら、乗り出し価格だけでなく、納車までのタイミングやリセールバリューなどにも気を配りましょう。 

納車には2~3カ月かかる

新型カローラの納車には2~3カ月かかりそうです。人気車種ではありますが、フルモデルチェンジから間もないこともあり、すぐの納車は望みづらいでしょう。

2020年は新型コロナウイルスの流行により、海外から日本への車体部品供給がストップしている可能性もあります。世界的な有事であるために納車スケジュールが見られている可能性もあるので、事前にディーラーに想定できる納車時期を聞いておくとよいでしょう。 

リセールバリューはあまり高くならない 

新型カローラのリセールバリューはあまり高くならないでしょう。現行のカローラはCセグメントセダンに属していますが、このクラスは中古車市場でもあまり人気がありません。

長期保有後のリセールバリューになると、購入時より価値が大幅に低くなる可能性もあります。新型カローラは人気車種のため、極端な安値取引は考えづらいですが、他の人気セダンと比べると高額取引も望みづらいでしょう。 

新型カローラにおすすめのオプションは?

新型カローラの乗り出し価格は、車体だけでなくオプションパーツ・アクセサリー代も加わります。予算オーバーにならないように、こだわりのポイントを絞りながらオプションを選んでいきましょう。この章では新型カローラに特におすすめなアイテムをまとめました。

オプションパーツはモデリスタに注目

オプションパーツは主にエクステリアやインテリアの装飾や、走行性能の引き上げのために装着します。特に人気ブランドの「モデリスタ」が展開するパーツは、新型カローラをおしゃれに見せられるでしょう以下にモデリスタのおすすめアイテムをまとめました。

  • フロントグリルガーニッシュ: 25300円
  • サイドドアガーニッシュ: 37400円
  • ドアハンドルガーニッシュ: 13200円
  • ミラーガーニッシュ: 17600円
  • 15インチ アルミホイールセット: 4本53900円
  • LEDルームランプセット(イルミネーテッドエントリーシステム付): 57200円
  • LEDルームランプセット(イルミネーテッドエントリーシステムなし): 35200円

ガーニッシュはクルマの一部分に装着する飾りで、新型カローラを洗練した姿に見せられます。15インチのアルミホイールと合わせることで、余分な出費を抑えながら魅力を引き出せるでしょう。 

アクセサリー

アクセサリーはカーライフの実用性を高める目的が強いといえます。特にドライブレコーダーやLEDフォグランプなど、運転中の安全を守るアイテムに注目しましょう。以下がおすすめアクセサリーです。 

  • カメラ一体型ドライブレコーダー DRT-H68A: 21450円
  • バイカラーLEDフォグランプ(切り替え式、設定1): 49500円
  • スタートアシストセット(スマートキー一体タイプ、設定1): 94600円

カローラの新車乗り出し価格は約174万円~290万円

新型カローラの乗り出し価格は安くても174万円程度に落ち着き、高ければ290万円ぐらいに収めるのがおすすめです。

ベースグレードのG-X CVT 2WDは193万6000円で、最大20万円の値引きを望める見通しなので174万6000円買える可能性まで考えました。 

オプションパーツの予算は車体価格の1割程度にとどめておくとよいでしょう。もっとも高いグレードであるG-X “PLUS” E-Fourは263万7800円で、オプション代1割を加えれば290万1580円になります。

以上から想定すべき新車乗り出し価格は、約174万円~290万円と考えましょう。 

まとめ

新型カローラの新車乗り出し価格は約174万円~290万円で、グレードにより正確な予算は異なります。グレードにより価格だけでなく走行性能や装備も異なるので、オプションパーツでかかるお金とのバランスも考えましょう。

競合車種の見積もり結果を示しながらの値引き交渉や、下取りなどの有効活用により、新型カローラでも想定より安い値段で買える可能性があります。ディーラーを訪れたらぜひ実践してみてください。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-カローラ, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.