アルト スズキ

アルトのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字を全部紹介

スズキのセダンタイプ軽自動車「アルト」は、過去欧州でジャパニーズマイクロカー(軽自動車)のお手本と賞賛され、研究材料としても活用された実績を持つ日本の誇るクルマです。一家に一台の夢を実現させた初代から数えて8代目の今回のアルトは、さらに家計を救うべくガソリン車No.1の低燃費を達成しました。アルトはすでに安さと低燃費についての定評はあるので、今回はアルトの長さ・横幅・高さを始めとした各サイズの数字から、スズキの本気を見ていきたいと思います!

スズキアルトのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字

それではまずスズキの軽自動車アルトのサイズを、前モデルとの比較も交えてご紹介します。外観の長さ・横幅・高さだけでなく、室内サイズや車重についても数字をしっかりご紹介していきましょう。

項目

旧型アルト(7代目)

現行アルト(8代目)

差異

長さ

3,395mm 3,395mm 変わらず

横幅

1,475mm 1,475mm 変わらず

高さ

1,535mm 1,500mm ▲35mm

ホイールベース

2,400mm 2,460mm +60mm

室内長さ

1,835mm 2,040mm +205mm

室内横幅

1,260mm 1,255mm ▲5mm

室内高さ

1,240mm 1,215mm ▲35mm

車重

760kg 650kg ▲110kg

最低地上高

155mm 155mm 変わらず

スズキ軽自動車ではセダンタイプの代表格といえるアルト。前モデルも含めた各サイズは上記のようになっています。新旧モデル比較ではっきりしているのは、長さは変わらないままホイールベースの拡大を行ったことで、サイズ感は変わらず居住空間は広くなったということ。スズキの新プラットフォームにより、居住スペース長さの拡大だけでなく、車重が軽くなっているのも大きな違いになります。それでは新しいアルトの長さ・横幅・高さそれぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

アルトの外観寸法(サイズ)について

それではまずアルトの外観の長さ・横幅・高さについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

スズキのアルトの長さ

スズキのアルト全長は3,395mm
アルトの全長は軽自動車では一般的な長さになります。軽自動車規格のサイズになりますので、この部分は他軽自動車と変わりありません。しかしスズキ新規格のプラットフォームにより、ホイールベースは先代よりも60mmも拡大しているので、直進安定性の向上など同じ長さでもアルトの特徴は大きく変化しました。

スズキのアルトの横幅

スズキのアルト横幅は1,475mm
アルトの横幅は1,475mmと、こちらも一般的な軽自動車の横幅に収まっています。この車体サイズの中で、どれだけの居住空間を確保できるかが、軽自動車の1番のポイントになります。

スズキのアルトの高さ

スズキのアルト高さは1,500mm
軽自動車のセダンタイプとしては基本的なサイズの高さになります。アルトの高さについては、先代よりも35mm低くなったことと、ボディラインのデザインにシャープなラインを採用したことで、より低く構えている印象を受けます。意外なことに高さは低くなっているのに、新型アルトは乗り降りのしやすさが向上しています。これもスズキの新技術のおかげです。

アルトのライバル車との寸法(サイズ)比較

アルトの長さ・横幅・高さのサイズ感のイメージを掴むために、ライバル車と併せて同じ軽自動車でもハイトールワゴンタイプのワゴンRを含めサイズ比較してみましょう。

車名

アルト

ミライース

PLEO +

ワゴンR

(ハイト)

長さ

3,395mm 3,395mm 3,395mm 3,395mm

横幅

1,475mm 1,475mm 1,475mm 1,475mm

高さ

1,500mm 1,500mm 1,500mm 1,650mm

ホイールベース

2,460mm 2,490mm 2,455mm 2,460mm

車重

670kg 820kg 650kg 800kg

最小回転半径

4.6m 4.5m 4.4m 4.6m

比較からのライバル車や同じスズキのワゴンRとの長さ・横幅・高さ比較内容は以下の通りです。

ライバル比較(長さ)

アルトの長さは、同じスズキのワゴンRも含めて規格内で変わりはありません。軽自動車サイズ最大の長さといえるでしょう。

ライバル比較(横幅)

アルトの横幅は、同じスズキのワゴンRも含めて規格内で変わりはありません。軽自動車サイズ最大の横幅といえるでしょう。

ライバル比較(高さ)

アルトの高さは、セダンタイプはほぼ共通。同じスズキでもハイトールワゴンタイプのワゴンRとだけ差が生じます。セダンタイプ軽自動車のサイズとしては適切な高さといえるでしょう。

以上のようにワゴンRのようなハイトールを除けば、アルトのサイズ感は軽自動車セダンのスタンダート基準を満たしているといえるでしょう。軽自動車の寸法比較ではホイールベースや車重など、各社一長一短といった感じが窺えます。続いて室内の長さ・横幅・高さの比較寸法は、どのようになっているでしょうか?

アルトの室内寸法(サイズ)について

スズキアルトの室内サイズ(長さ・横幅・高さ)を他社のライバル車と、ハイトワゴンであるスズキワゴンRを対象に並べて比較してみました。

車名

アルト

ミライース

PLEO +

ワゴンR

(ハイト)

室内長さ 2,040mm 1,935mm 2,025mm 2,450mm
室内横幅 1,255mm 1,260mm 1,260mm 1,355mm
室内高さ 1,215mm 1,240mm 1,240mm 1,265mm

比較からのライバル車や同じスズキのワゴンRとの室内の長さ・横幅・高さ比較内容は以下の通りです。

ライバル比較(室内長さ)

アルトの室内の長さは、セダンタイプ軽自動車では最も長さがあります。同じスズキのワゴンタイプ軽自動車ワゴンRはボンネット形状なども違うので更に拡大していますが、この2台の長さ寸法を見てもらえればスズキの技術力は見えると思います。

ライバル比較(室内横幅)

アルトの室内の横幅は、他に比べてやや狭いと言えます。5mm程度ですので体感はしにくい範囲と言えますが、横幅寸法上はライバル車に負けてしまいました。

ライバル比較(室内高さ)

アルトの室内の高さは、他のセダンタイプ軽自動車に比べても35mmほど低くなります。先代モデルではライバルと同じ高さでしたが、ロースタイリングになった8代目アルトでは、室内にも寸法上は高さで影響が出ています。しかし実際には身長175cmの大人が乗っても天井高さには余裕があり、数字だけでは見えない部分があります。

以上のようにセダンタイプの軽自動車の中では、アルトのサイズは室内長の長さで特に他を大きく引き離しています。基本的にこの長さが与える恩恵は、後部座席の足元の広さに還元されています。横幅と高さに若干の狭さが寸法上は出ていますが、長さによる前方向への開放感もあって、現実にそのサイズ差を感じるほどではないでしょう。セダンタイプの軽自動車では、最長サイズといえる室内の長さ寸法を持つのがスズキのアルトです。

アルトのサイズから見えること

今回の8代目アルトは長さ・横幅・高さのサイズを先代よりも凝縮した感じで、デザインも無駄を省いて限りなく初代に近くなり、「原点回帰」の意思が見える内容になっています。スズキの誇るECOシステムで低燃費を実現しつつ、低価格であるという初代からのコンセプトを守り、スズキのセダンタイプ軽自動車の代表としての役割をしっかり果たしていると言える内容です。

その中で、初代でも今ならもっとこんな風にできたのに、という思いが詰まったような居住性の向上を図る改良。外観の長さ・横幅・高さをそのままに、ロングホイールベース採用で室内の環境は一変させました。セダンタイプ軽自動車としては最大の長さと言える室内の開放感は、スズキのアルトにかける情熱を感じる成果です。

日常に溶け込むシャープなデザイン、ドライバーが取り回しに困らない手ごろなサイズ感と、お求めやすい低価格。スズキが提供するアルト本来の良さが、全て備わっている8代目といえるでしょう。逆に装飾に関して突起した何かを持たないオールマイティさは、アルトのもつ「誰にでも親しみやすい」という良さの象徴と言えるかもしれません。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-アルト, スズキ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.