アクア トヨタ

アクアのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字を全部紹介!

様々な広さや大きさをアピールするコンパクトカーが増える中で、なぜアクアは未だに売れ続けるのか?燃費だけじゃないサイズでの差を確かめるべく長さ・横幅・高さをはじめ、あらゆる数字でライバル車も交えてアクアを解析していきます!

アクアのサイズ

アクアのサイズ(長さ・横幅・高さ)について、実際にはどのような数字になっているのかをまずは確認していきましょう。
各メーカー新型車種を投入する昨今、いまだ衰えることなく販売台数を伸ばしているアクアが何故より多くのユーザーに受け入れられるのか?アクアよりも長さや空間の大きさをアピールする車も数多くある中で、選ばれ続けるその理由を数字から解析していきます。
それではアクアのカタログサイズの数字を一挙に見てみましょう。

外観

室内

全長

4,050mm

室内長

2,015mm

全幅

1,695mm

室内幅

1,395mm

全高

1,455mm

室内高

1,175mm

ホイールベース

2,550mm

ラゲッジ容量(VDA方式)

300L

最小回転半径

4.8m

ラゲッジ開口部幅

946mm

それではこれらの数字がどのように影響しているのかをそれぞれ解説していきます。

アクアの全長

アクアの全長は「4,050mm」と、コンパクトカーサイズでは長い部類になります。それでも小回りの効く為に、ドライバー視点では比較的一般的なサイズという認識で、取り回しについても大きさを感じないレベルと言えるでしょう。室内の空間を確保しつつ、多くの人が気軽に乗れるように考えた最低限の長さといえます。

ポイント

アクアの全長は4mを超えるが、最小回転半径は4.8mと取り回しは容易である

アクアの全幅

アクアの全幅は「1,695mm」で、コンパクトカーでは一般的な数値になります。5ナンバーサイズの限界値ではあるので、この幅を活かした内側のスペースが確保できているかが重要になります。

ポイント

アクアの全幅はコンパクトカー規格の最大値

アクアの全高

アクアの全高は1,455mmとライバル車が1,500mm近いものや超えるものが多い中で、若干スタイリングが低めになっています。ハイトさを感じさせないことで、乗り手に大きさに対する不安も和らげて女性でも運転しやすいイメージを意識しています。また視点が低くなることで運転時の視界にも良い意味で影響してきます。

ポイント

アクアの全高は若干低めのスタイリングで、ドライバーの視点も死角が少なくなる

アクアの室内空間

アクアの室内空間は室内長2,015mmとロングホイールベースのおかげで広々とした空間を確保しています。後席との間も窮屈さを感じさせないレベルで開いており、長さに関しては大人4人の乗車でもそこまでの負担を感じないレベルです。しかし室内高の低さや室内の全幅が1,395mmで、最近のコンパクトカーが軒並み1,400mmを超えている点を踏まえると、室内空間については少し窮屈な印象が出るかもしれません。

ポイント

ロングホイールベースの恩恵で、室内は後席も足元が広く取られている

ラゲッジルーム

アクアのラゲッジルーム容量は300L、リアシートを倒した際の全長は1,600mmと容量は充分です。特筆すべきは開口部の広さ。そして全体の高さが低めのためにラゲッジ開口部の最低地上高が650mmと低く、荷物の積み下ろしに際しては非常に楽な姿勢で無理なく行える点にあります。

ポイント

ラゲッジ入口の最低地上高とラゲッジ開口部幅の広さで荷物の積み下ろしが楽に行える

ライバルとの比較

アクアのサイズ感がわかるように、代表的なライバル車とのサイズを比較してみました。

車種

アクア

ヴィッツHV

フィットe:HEV

ノートe-POWER

全長

4,095mm

3,945mm

3,995mm

4,100mm

全幅

1,695mm

1,695mm

1,695mm

1,695mm

全高

1,455mm

1,500mm

1,515mm

1,520mm

室内長

2,015mm

1,920mm

1,955mm

2,065mm

室内幅

1,395mm

1,390mm

1,445mm

1,390mm

室内高

1,175mm

1,240mm

1,260mm

1,255mm

ホイールベース

2,550mm

2,510mm

2,530mm

2,600mm

最小回転半径

4.8m

4.7m

4.7m

4.9m

ラゲッジ容量(VDA)

300L

274L

427L

330L

それでは上記の数字を基に比較した内容について、ポイントの考察をお伝えしていきます!

ヴィッツとの比較

同系列のヴィッツと比較すると長さではアクアがワンサイズ大きい分、室内にもゆとりの差が出ています。室内幅もアクアの方が広いので、ヴィッツの方がどちらかといえば高さの分だけ上に伸びている印象になります

フィットとの比較

ホンダのフィットと比較すると長さで100mmもの差がついていますが、ホイールベースにはあまり差がなく室内長での影響差は薄れて、幅と高さの恩恵で室内空間ではフィットの方が広く感じる内容になります。

ノートとの比較

日産のノートe-POWERとの比較で見ると全体的にサイズ感はノートが勝り、ホイールベースの長さや高さの差も出て室内のゆとりもノートに軍配が上がる様相です。唯一最小回転半径の大きさで多少取り回しの点での差が見える程度です。

アクアのサイズの数字から見えること

アクアの長さ・高さ・幅全てのサイズの数字から見えてくるのは、「乗り手を選ばないサイズ」であること。各社の代表的なコンパクトカーや5ナンバーハイブリッドとの比較では特にわかりやすく、全般的にアクアは中間的なイメージになります。この大きすぎず小さすぎずのサイズ感が、より多くのユーザーに受け入れられた理由かもしれません。アクアよりも長い車・背の高い車・室内幅の広い車と確かに存在していますが、その一点の長所よりも全体のバランスで「ちょうど良い」というイメージが決め手になるのでしょう。

最高の燃費をちょうどいいサイズで提供するトヨタのアクア。アクアがこれだけ売れた理由は、この「誰にでも受け入れられ易い中間的なサイズ」からだと今回の検証で感じるものがあります。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-アクア, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.