アクア トヨタ

アクアの気になる評判や口コミをまとめました!

トヨタのハイブリッドコンパクトアクア(AQUA)の気になる口コミや評判を集めてみました。
販売当初から爆発的なヒットとなり、長寿モデルとして現在もモデルチェンジでの進化をし続けるアクア。

それまで少し遠い存在だったハイブリッドカーを、一般家庭に一気に身近なものに変えてくれました。
そんなアクアの実際の評価はどのようになっているのでしょうか?

トヨタのアクア(AQUA)はどんなクルマ?

トヨタのアクア(AQUA)は2011年に登場したコンパクトハイブリッドカーです。
200万円を切る価格で登場し、それまでプリウスなどではなかなか手が出なかったハイブリッドカーを身近なものに変えてくれました。
サイズも小柄で女性にも運転がしやすく、何よりハイブリッドの恩恵である「低燃費」の効果は凄まじく、爆発的なヒットを生んだ車です。
まずは登場時の実際のレビューを振り返ってみましょう。

トヨタのアクア(AQUA)の登場時の評価

アクア登場時のネット上の試乗レビューでは、次のような内容が書かれていました。実際にアクアのデビュー時の試乗で得た感想はどんなものだったか?良い点と悪い点でまとめてみていきましょう。

デビュー試乗での良い評価

まずはアクアに寄せられた試乗での評価の「良い点」をピックアップしてみました。

良い評価

  • ヴィッツクラスのボディで登場した最小ハイブリッドカー
  • ミニプリウスとしての高いハイブリッド性能
  • 室内のデザインは優秀
  • 室内や荷室の広さはコンパクトカーとしての利用ユーザーにもおすすめできる
  • バッテリー位置による車両の重量配分はベスト

車両の総合的な評価では、プリウスではサイズ感が大きかったユーザーにもおすすめできる「コンパクトカーならでは」の良さを加味した評価が高いのが印象的。
やはり価格帯による「ハイブリッドを身近な存在にした」功績を大きく讃えるものが目立ちました。

デビュー試乗での悪い評価

次にアクアの試乗で残念だと言われた「悪い点」についても挙げておきましょう。

悪い評価

  • 最新システムによりプリウスを超える期待をしたが実用燃費に差がほとんどなかった
  • 室内の素材のチープさが目立つ
  • 16インチ仕様車は最小回転半径5.7mと小回りが効かない

悪い点ではそのコストを抑えるために犠牲になった「質感」の部分への酷評が目立ちました。
ある程度は致し方なしの部分もありますが、「プレミアムコンパクト」という位置付けに期待されたアクア。
実際のインパネ素材がチープであったり、シフトレバーが従来のものであったり「せっかくの最新ハイブリッドカーが台無し」という印象を受ける人が多かったようです。それだけ期待感が高かった表れかもしれません。

トヨタのアクア(AQUA)の実際のユーザー評価は?

それでは次に実際のアクア(AQUA)オーナーの評価をみていきましょう。こちらも良い点・悪い点に分けてご紹介していきます
(※全ての口コミ情報や評価・評判についての参考サイト:カーセンサー.net・価格.com・みんカラ)

アクアの良い点や高評価について

現在までのアクアの良い点や高評価・評判には次のようなものが挙がっています。

良い評価

  • 燃費がとても良い
  • コンパクトサイズなので運転がしやすい
  • 女性でも年配の方でも運転しやすいサイズだと思う
  • 室内もゆとりがあるので遠出には最適
  • ハンドリングが良い
  • モーターの加速が思ったより良かった
  • 外観のデザインがおしゃれ
  • 乗り心地が良い
  • ボディーカラーが豊富

アクアの良い点の総評

アクアの良い点は圧倒的に「燃費」について語られることが多い印象です。
ついでボディサイズですが、大人数で利用することがない場合は、軽自動車以上のゆとりはかなり高評価になっています。これは燃費で考えた際に軽自動車にするか?アクアにするか?で迷った人が多かったのもあり、結果「選んで良かった」理由の一つに挙げられていました。またエクステリアのデザインについても、「スタイリッシュ」と特に女性からの支持を大きく得ています。

アクアの悪い点や残念な評価について

逆にアクアに実際に乗る、または乗っていたユーザーからの酷評は次のようになっています。

悪い評価

  • 電子機器のトラブルが多かった印象
  • 視界が悪い(視認性・ナビ操作性など)
  • 少し上級な「社用車」という感覚
  • 荷室のスペースが狭く段差が気になる
  • 車体の小ささの割りに意外と運転しにくい
  • 安全装備が少ないのにハイブリッドだから価格はそれなりになる
  • 天井が低い
  • エンジン始動時の音が室内に響き気になる
  • 用途の割には収納が少ない

アクアの悪い点の総評

ファミリーカーとしての利用をするユーザーには、室内空間や荷室が狭いという意見が目立ちます。
気になるのは視認性の悪さで、特にドライバーから見て左隅の方に死角が出来やすいとのこと。

低めの車体とシートポジションで、ドライバーの身長次第ではかなり視界が悪く感じるようです。
また価格帯を意識しながら燃費を優先し、コストを削った質感と安全装備については、一般のユーザーにも酷評を受けています。

アクアの評判や口コミから見えるポイント

トヨタアクアの評判や口コミでは、圧倒的に「燃費の良さ」が高評価となっていました。エアコンを使わない時期には平均25km以上の実燃費を提供するアクアは、従来の軽自動車ユーザーをも取り込んでいます。
しかしここでは燃費だけに捉われず、他のさまざまな評価について解説していきましょう。

アクアのデザインについて

アクアのデザインについては概ね高評価でした。
未来系のデザイン、豊富なカラーバリエーションと女性にも人気が高く、サイズ感も「ちょうど良い」という意見が目立ちます。
エクステリアについては評価が高いものが目立ち、アクアが選ばれる要素の一つにもなっているようです。
特に2017年のマイナーチェンジ以降のモデルについては、欧州車のような雰囲気を醸し出しています。カラーバリエーションも最大14色と、オプションでフレックストーン4色と、オリジナリティの高い選択が可能になる点にも注目です。

アクアのインテリアについて

アクアのインテリアについては総合的にチープで、評価や口コミも不評なものが目立ちます。
全体的にプラスチックの質感がとても安っぽいイメージを出して、明らかに予算を削った印象を受けます。
シートのホールド感などは評価は良いのですが、メーター周りからダッシュボードなどの質感には酷評が目立ちます。

アクアの最も評価の低いポイントはこのインテリアになるでしょう。
毎日目に入り実際に触れる部分になるので、この部分をどう感じるかがアクアの購入時には非常に重要になります。

アクアの走行性能について

アクアの走行性能については、モーターアシストの加速には良い評価を得ています。
しかし全体的には「非力」というイメージが強く、100ps程度の馬力で「軽自動車よりはマシ」という評価に落ち着くようです。
とはいえ日常の通勤や買い物での利用には必要十分なパワーですので、ファミリーカーとしての休日遠距離利用者を除けば総合的に高い評価を得られています。

また16インチ・17インチ仕様車に関しては、タイヤサイズが合っていないという評価も見られ、最小回転半径も5.7mとかなり厳しいものとなっています。
小回りの効かないコンパクトカーでは流石に悪い印象が出てきますね。

アクアの乗り心地について

アクアの乗り心地は賛否が大きく分かれるところ。
その理由の一つは初期型と後期型では、足回りのセッティングなどが変わり、実際に乗り心地が変化しているというのもあります。
初期型の乗り心地の悪さは有名で、その後のマイナーチェンジで対策が講じられるほどに。

2017年以降のモデルが現在のアクアの完成形とも言われ、2回のマイナーチェンジにより乗り心地についてかなりの改善が認められています。
また室内の空間もドライバーの体格によっては狭く感じる方もいるようです。

アクアのその他の評価や口コミ

アクアの購入層によく言われる指摘は、「オプション選択率の高さ」と「オプション費用の高さ」です。
新車価格はハイブリッドのエントリーカーとして充分な価格帯なのですが、標準の仕様がチープになってしまうので、結局オプションによる架装が必要になるということなのです。
いろいろオプションをつけていたらあっという間にかなりの高額になっていた・・なんてことも。実際の見積もりの際には、この点に注意しておきましょう。

トヨタのアクア(AQUA)の評判や口コミまとめ

トヨタアクアの評判や口コミのまとめとしては、やはりインテリアの質感をどう感じるかが最大のポイントとなるようです。
また前期型と中期・後期型ではあらゆる意味で「別の車」の認識で見た方が良いかもしれません。
デザインや乗り心地などの多くのポイントで、このマイナーチェンジが大きく影響しています。

評価や口コミを見て良い印象を受け中古でアクアを買ったけど、実際にはかなり期待外れだった・・・という人は、もしかしたらこの部分を見落としている可能性があります。
アクアの購入時には、できれば2017年以降のモデルを選ぶことをおすすめします!

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-アクア, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.