アルファード トヨタ

アルファードの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

トヨタの最高級ミニバン「アルファード」
フラッグシップモデルとしての快適性も高く、所有する喜びは高いクルマ。
しかし実際にアルファードを購入するためには、維持費がどのくらいかかるのかを把握しておかねばなりません。

この記事では次のことをお伝えしています。

ポイント

  • アルファードの5つの年間維持費
  • アルファードの年間維持費モデル
  • ミドルクラスミニバンとの維持費を比較
  • アルファードの購入・維持に適した年収とは?
  • かしこく維持費を抑える節約法

アルファードの1年間にかかる必要な維持費について、具体的なモデルやミドルクラスとの比較も交えてご紹介していきましょう。

アルファードの維持費は年間で約34万円

トヨタの最上級ミニバンアルファードの年間維持費は、おおよそ336,500円となりました。
この数字の具体的な内訳をご説明する前に、まずクルマにかかる維持費とは、一体どのようなものがあるのかを知っておきましょう。

1年間でアルファードにかかる維持費には、次の5つの項目が挙げられます。

アルファードにかかる5つの年間維持費
・ガソリン代
・車検費用
・自動車税
・メンテナンス費用
・任意保険料

実際にこの5つの項目をあてはめ、アルファードのエントリーモデルである「Xグレード2.5L(2WD)」の維持費の算出をしてみました。

アルファードの年間維持費モデル

項目

モデル金額

ガソリン代

130,000円

車検費用(年間あたり)

54,200円

自動車税

45,000円

任意保険料

57,300円

メンテナンス費用

50,000円

維持費予想額(年間)

336,500円

このアルファードの年間維持費として参考に挙げた金額の内訳について、それぞれ詳しくご説明していきましょう。

アルファードの維持費①|ガソリン代

クルマを走らせるのには欠かせないガソリン代。
アルファードの1年間に必要なガソリン量については、毎日20kmの往復を365日と仮定して走行距離を8,000kmで設定しています。

アルファードの平均実燃費は8.61km/Lなので、年間約930Lを必要とし、これをガソリン代として金額に直すと約130,000円となりました。

年間8,000km走行÷平均燃費8.61km/L=約930L×140円/L=約130,000円

(ガソリン単価:ガソリン価格比較サイト「gogo.gs」の調査による2021年3月現在の平均140円を引用)

アルファードの維持費②|車検費用

車検の費用の内訳は、「基本料金(手数料)と法定費用」に分かれます。
新車購入時は3年後になりますが、今回は2年ごとの車検を想定して、年間あたりの金額を表示しています。

基本料金:点検料・代行手数料など
法定費用:自動車重量税・自賠責保険料・印紙代

車検費用の総額は、トヨタ自動車直営のディーラーである「トヨタモビリティ東京」の、アルファードクラス車検料金108,350円を参考にしています。

(参考先:「トヨタモビリティ東京」公式サイト)

アルファードの維持費③|自動車税

自動車税は毎年4月1日の時点で所有者になっている人に来る税金です。
クルマの用途や排気量によって課税額は異なります。

アルファードの2,500ccの自動車税は、年間で45,000円となっています。

(参考先:「東京都主税局」公式サイト)

アルファードの維持費④|任意保険料

強制保険である自賠責保険料では賄えない事故に対する補償をしてくれる任意保険。
この任意保険料も、アルファードの維持費には欠かせないものになります。

保険料金の比較サイト「NTTifの自動車保険一括見積もり」で確認したモデルでは、次のような保険料になりました。

保険料比較

車両保険あり

車両保険なし

最安値

35,220円

13,370円

最高値

79,390円

36,860円

平均保険料

57,305円

25,115円

アルファードクラスになると、万一の事故の際には修理費も高額になります。
そのため、車両保険の契約は必須になると予想し、車両保険を備えた「57,300円」を任意保険料のモデルとしました。

アルファードの維持費⑤|メンテナンス費用

アルファードの1年間にかかるメンテナンス費用は、一律で50,000円としています。

  • タイヤ代
  • バッテリー
  • エンジンオイル
  • オイルエレメント
  • ワイパーなどの消耗品代

実際には利用環境によって異なると思いますが、年間で50,000円の余裕は必要でしょう。

その理由としては、やはりタイヤやバッテリーなどの高額商品が必要になった場合に、一気に費用が跳ね上がるためです。
イメージとしては次の表をご覧ください。

メンテナンス費用見込み額の試算
項目

タイヤ

バッテリー

オイル交換

必要数

4本

1個

2回

平均耐用年数

3年

半年

平均単価

15,000円

20,000円

7,500円

予想総額

60,000円

20,000円

15,000円

年間あたり

20,000円

6,700円

15,000円

タイヤやバッテリーについては、大手比較サイト「価格.com」掲載商品を参考に値段を確認してみました。

多くの商品がありますが、ネット通販のベースでタイヤは1本あたり平均15,000円、バッテリーは20,000円と仮定しています。
タイヤは4本で60,000円と、バッテリーについては耐用年数で割って年額に直しています。

あとはオイル交換を年に2回すると仮定して、これだけで年間41,700円の見込み。さらには他の消耗品の交換費用の準備も必要です。
タイヤ代についても、実際にはこれに交換工賃が概ね10,000円近く発生することを忘れてはいけません。

アルファード2.5Lの維持費は月に28,000円?

アルファードの2.5Lをモデルに、年間の維持費を算出してみました。

年額ではピンとこない人も、「月額で28,000円程度の維持費」と言えばさらに現実味が出るでしょうか。

これだけを見ると、最上級ミニバンという前提でお金がかかりそうだと敬遠していた内容も、もしかしたら「自分でも大丈夫な気がする」という人も増えたかもしれません。

しかし、ユーザーの状況によって金額が変わる任意保険料のように、アルファードのモデルや排気量によって変わってくる部分というのもあるので、その部分もよく確認しておきましょう。

アルファードの維持費の違い|燃費・自動車税・重量税・駐車場

アルファードの維持費は、モデルによって次の内容で大きな違いが出てきます。

  1. ガソリン・ハイブリッドの燃費の違い
  2. 排気量による自動車税の違い
  3. 重さによる重量税の違い

アルファードの年式やモデルによっては、年間維持費の予想額に比べて、次のような加算があるモデルもあります。

項目

差額

①燃費によるガソリン代の差

最大22,400円

②排気量による自動車税の差

最大15,100円

③重さによる重量税の差

最大18,500円

最大維持費加算額

年間+56,000円

これはあくまでも加算額ですので、ハイブリッドなど燃費や減税で安くなる場合ももちろんあります。
その内容や、ほかにも「駐車場」の環境の違いによる維持費の差などの違いについても詳しくみていきましょう。

モデルによる維持費の違い①|燃費

年間維持費の多くを占めるのがガソリン代ですが、その額はモデルによって大きく異なってきます。
同じガソリン車でも2.5Lと3.5Lで燃費の違いもあります。
ハイブリッドについては、ガソリン代でどのくらいの優位性があるのかなども気になるところです。

それぞれの燃費から割り出した実際の金額を見て、その差を確かめてみましょう。

年間8,000km走行(ガソリン単価140円/L)のモデル試算

項目

2.5L

3.5L

ハイブリッド

カタログ値

10.6~
11.0km/L
9.6~
10.8km/L
14.8km/L

実燃費

8.61km/L

7.32k/L

11.7km/L

年間ガソリン量

約930L

約1,090L

約680L

年間ガソリン代

130,200円

152,600円

95,200円

30系での比較では、2.5Lモデルに比べて次のように年間でのガソリン代の差額が出ています。

・3.5Lモデル:+22,400円
・ハイブリッドモデル:−35,000円

2.5Lの年間維持費モデルに比べ、排気量の大きい3.5Lモデルは約22,000円の増加、低燃費が期待できるハイブリッドになると約35,000円の減少の予想になりました。

モデル別の実燃費参考値

項目

ガソリン

ハイブリッド

30系

8.68km/L

11.8km/L

20系

8.78km/L

11.95km/L

10系

7.49km/L

11.23km/L

(参考先:ガソリン比較サイト「e燃費」及び「みんカラ」投稿データによる)

モデルによる維持費の違い②|自動車税

毎年の自動車税についても、2019年9月を境にした購入時期や、排気量での差が出てきます。

購入時期A
10系〜30系の後期の一部モデルまでが該当
(2019年9月までに購入)

購入時期B
30系後期の一部モデルが該当
(2019年10月以降に購入)

排気量

購入時期A

購入時期B

1,500cc超~2,000cc以下

39,500円

36,000円

2,000cc超~2,500cc以下

45,000円

43,500円

2,500cc超~3,000cc以下

51,000円

50,000円

3,000cc超~3,500cc以下

58,000円

57,000円

また新規登録から13年以上経過したモデルは「増税」の対象になります。

13年経過モデル:10系全車・20系の初期モデルが該当

排気量

13年経過

1,500cc超~2,000cc以下

45,400円

2,000cc超~2,500cc以下

58,600円

2,500cc超~3,000cc以下

58,600円

3,000cc超~3,500cc以下

66,700円

アルファードも13年経過車に該当するモデルがあります。
初代10系は全車、20系でも初期モデルは該当するものがあり、中古での購入時には注意が必要です。

2019年10月以降に購入したアルファードと、13年経過したアルファードでは、同じ排気量2,500cc以内でも、年間15,100円の差が出ます。

モデルによる維持費の違い③|重量税

重量税の差は「エコカー」「新規登録からの経過年数」で差があります。

アルファードはグレード・オプションの選択などによって、2t以下のものと2tを超えるものがあるため、車検証の「車両重量」に記載されている重さを確認してください。

全世代「車両重量」項目の車重による差
・エコカー対象:ハイブリッドシリーズ
・エコカー以外:ハイブリッドを除く全車

排気量

エコカー

エコカー以外

1.5t~2t以下

20,000円

32,800円

2t~2.5t以下

25,000円

41,000円

エコカー対象を除く全てのアルファードの、新車登録からの経過年数が「13年以上」及び「18年以上」の場合は、さらに重量税が増税となります。

登録からの経過年数による重量税の変化

排気量

13年経過

18年経過

1.5t~2t以下

45,600円

50,400円

2t~2.5t以下

57,000円

63,000円

2021年時点では、次のモデルが上記に該当するモデルになります。
これから中古車を購入する場合には、実際の車検証の「初年度登録日」を確認してから計算してください。

  • 13年経過モデル:10系全車・20系の初期モデルが該当
  • 18年経過モデル:10系初期のモデルが該当

エコカー対象の2t以下のアルファードと、13年経過した2.5t以下のアルファードを比較した場合、最大37,000円(年換算18,500円)の差が出てきます。

環境による維持費の違い|駐車場費用

最後に、駐車場の必要性があるかないかは大きな問題です。
ご自宅に無料の駐車場がある場合は不要ですが、月極の駐車場を借りる場合には、年間コストとして考えておかねばなりません。

月極駐車場の全国平均賃料をみてみると、「約8,300円/月」となっています。
都道府県別でみるとかなりの差があり、東京などは30,000円を超えており、次いで大阪でも20,000円を超えていました。

ほかにも、宮城・神奈川・愛知・京都・兵庫・広島・福岡なども、軒並み10,000円を超える平均月額賃料になっており、地域差による維持費への影響も充分に考えられます。

仮に全国平均でみた場合は「8,300円×12ヶ月=99,600円」の年間維持費の増加となりました。
年間10万円近い維持費のアップは、正直とても厳しいものといえます。

(参考サイト:「自動車保険ガイド」)

ミドルサイズミニバンと維持費はどれくらい変わる?

ミドルクラスからの乗り換えを検討している人は、アルファードに乗り換えた場合に、維持費はどのくらい変わるのか気になるところです。

トヨタには高級感をベースにした5ナンバーサイズミニバン「エスクァイア」がありますので、こちらを対象にして検証してみましょう。

ミドルサイズミニバンとの維持費比較

項目

アルファード

エスクァイア

ガソリン代

130,000円

99,400円

車検費用(年間あたり)

54,200円

48,500円

自動車税

45,000円

39,500円

任意保険料

57,300円

42,000円

メンテナンス費用

50,000円

50,000円

維持費予想額(年間)

336,500円

279,400円

エスクァイアの算出根拠
燃費:みんカラ平均燃費「11.33km/L」を参考
車検:トヨタモビリティ東京の「Mクラス価格」を参考
任意保険料:ソニー損保「簡易見積もり額」を参考
メンテナンス費用:あまり変わらないものとして同額にしています。
・ガソリン代:年間8,000km走行として必要ガソリン量は710L×@140円
・保険条件:免許証の色:青・30歳以上・20等級・年間11,000km以下

アルファードの年間維持費モデルと比較すると、エスクァイアの基本維持費5項目での差は年間「約57,100円」となりました。

この比較では、燃費による差がもっとも影響しているようです。
それでも、基本の維持費ではミドルクラスと年間であまり大きく差はないことが見えます。

「これなら憧れの最上級ミニバンに乗るのも無理がないのではないか?」と思えてきたもしれません。
しかし忘れてはならないのは「新車価格の差」です。

エスクァイアは300万円以下のモデルから選べるのに対し、アルファードはエントリーモデルで350万円を超え、グレードによっては車両価格だけで700万円を超えるものもあります。

これらの購入の方法が現金一括であれば問題ありませんが、カーローンを利用するとなるとその毎月の支払い額も必要になってきます。
アルファードを維持するには、購入費用を払いながら年間コストを支払える余裕が必要なのです。

アルファードは年収いくらなら無理なく購入・維持できるのか?

やはり気になるのは、アルファードの購入や年間の維持費に対して「年収がいくらなら余裕があるのか?」ということ。

実際には家族構成や支出の割合など、個人の置かれている状況によって差が出るとは思いますが、ひとつのモデルとして次の情報を参考にしてください。

アルファードを購入するときの理想的な年収とは?

毎月の支払いは、購入時に「カーローンを利用するかしないか」で大きく変わります。
カーローンの支払いで生活が圧迫されていては維持費どころの騒ぎではありません。まず購入前にこの点に気をつけておきましょう。

ローンを組む時には、年収を前提にその利用額を考えていくことも必要です。

ひとつの目安として、企業の平均年収ランキングを提供している「平均年収jp」の調査による「平均年収別カーローンにかけられる金額」によると、カーローンを組む際の最大額は、年収の30%〜40%を上限に考えることが望ましいとされています。

年収ごとの理想のカーローン設定額

理想的な年収ごとのカーローン設定額の範囲は、次のようになりました。

年収400万円:ローン設定額120〜160万円
年収500万円:ローン設定額150〜200万円
年収800万円:ローン設定額270〜360万円

仮に新車のアルファードを全てローンで購入する場合、年収800万円以上の人が理想年収となります。

ただし、下取りや頭金を入れてローンを組む場合は、それらを差し引いたあとの上記の設定額が検討範囲になるということです。
「残価設定プラン」などを用いる際にも同じことが言えます。

年収のどのくらいが維持費に充てられる?

また、年収によるアルファード購入や維持費の悩みについては、ライフハック術に関する情報を発信する「lifehacker(日本語版)」のなかにも大きなヒントがありました。

このなかで、家計再生コンサルタントの横山氏によりますと、年収を100%と考えた場合に、雑費に回せる理想の割合は「単身者で年収の約21%」、「共働き世帯やお子さんがいる世帯で年収の約25%」が使えるお金だということを言われています。

「雑費」として掲げる内容の詳細としては、「教育費・交際費・洋服代・交通費・娯楽費・嗜好品・お小遣い」を指し、年収の中から「預貯金を年収の20%前後行う」という前提です。

年収に対する理想の支出割合モデル

年収を100%とした場合の理想の支出割合モデルは次のようになります。

  • 住居費:25%前後
  • 食費:12%〜13%
  • 水道光熱費・通信費:7%〜10%
  • 生命保険・医療費:6%
  • 日用品費:2%
  • 預貯金:20%
  • 雑費:21%〜25%

例えば年収500万円の世帯では、25%の割合で見ると「100〜125万円」が、1年間にクルマなどに充てられる基準額ということになります。
これを超える部分については、真っ先に預貯金額を圧迫するということです。

雑費の範囲でローンや維持費を賄っていくことが前提ですが、月の支払いが60,000円だとすると、年間でカーローンの支払いだけで72万円必要です。

残りが最大でも50万円程度のなか、衣服費用などをはじめとしたほかの費用、そしてクルマの維持費を支払っていくことになります。

できるだけ他の余裕もなくさないためにも、購入後にもアルファードの維持費を抑えることは必要です。

「できるだけ無駄な出費をなくして負担を軽減したい」と思った場合には、一体どのような方法があるのでしょうか?

アルファードの維持費を賢く抑える節約術とは?

アルファードの維持費を下げるには、少し時間がかかるかもしれませんが、実践すればきっと維持費を抑えられます。

エコな運転で燃費向上!ガソリン代を節約

ガソリン代は日々の生活に直結してくるものなので、車によく乗る人は特に気にされていると思います。
ガソリン代を節約すれば、日々の維持費を少し下げられるかもしれません。

ガソリン代を節約するってどういうこと?と思うかもしれませんが、エコな運転で燃費を伸ばしましょうということです。

  • エンジンブレーキを最大に活用する
  • 急ブレーキ、急発進、急ハンドルをしない
  • スピードを出し過ぎず、一定の速度で走る
  • アイドリングをしない

これらを意識するだけで燃費はよくなるはずです。ぜひ実践してみてください。

無事故無違反で任意保険の等級を下げる

任意保険は等級と呼ばれる区分によって保険料が決められていて、等級が上がるほど割引率が高くなります。
等級は1〜20等級まであり、一番割引率が高いのが20等級です。

等級は事故歴によって決まり、1年の間に保険を使わなければ1等級ずつ上がっていく仕組みです。
20等級の場合63%割引(事故有の場合は44%割引)が適用されます。任意保険は年間契約になるので、とても大きな額になりますよ。

任意保険を見直す

先ほど任意保険について説明しましたが、保険会社を見直すことも大事です。
なんとなく親から言われた保険会社をそのまま使っていたり、何年も見直していなかったりすると非常にもったいないです。

任意保険には代理店型とダイレクト型があります。
代理店型は代理店を通して契約するため、人件費や店舗維持費がかかり、保険料が高くなる傾向があります。

ダイレクト型は直接保険会社と契約するため、中間コストがかからず代理店型より安くなることが多いです。
年間2万円以上安くなる場合もあるので、ぜひ見積もりをしてみましょう。

車検代が安いお店を探す

法律に違反するので、期限が切れる前に車検を受けなければいけません。
車検を受けられるお店はディーラー以外にも多くあり、お店によって料金が違います。
いろいろなお店で見積もりをとってみることをおすすめします。

お店によっては、車検の期日よりも早めに予約をすれば早割などの割引が適用されることもありますよ。
上手に活用して車検代を節約しましょう。

アルファードの維持費(ガソリン代・任意保険料・自動車税・車検代)まとめ

トヨタのフラッグシップミニバン「アルファード」の年間維持費は約34万円で、月平均では28,000円程度と最上級ミニバンとしては控えめな印象でした。

5ナンバーサイズと比較しても、ガソリン代・自動車税・重量税の面の影響はあっても、年間の維持費としての差はあまり大きくありません。
節約術を駆使すれば、もしかしたら同じくらいの金額にまで抑えられる可能性もあります。

しかし、実際には車両の購入費用や任意保険料・駐車場代など、個別に変わる条件も出てきます。
アルファードを維持をするためには、購入前にしっかりとした資金計画が必要です。

特に、中古のモデルを購入する際には、増税の影響などもよく考えて検討しましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-アルファード, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.